トップ   >   時系列表示:2010年05月
2010年04月 | 2010年05月 | 2010年06月

月曜日のおつかれさまですφ(´д`o)

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38478834.html

月曜日のおつかれさまですφ(´д`o)

本日は5月24日月曜日。只今の時刻は20時25分。
今、帰宅中です。

月曜もだるい(*´д`*)

この土日は珍しく遊びほうけていたせいで。。。
いまだに仕事モードに戻らない

いや、それが理由ちゃうかな

本日の帰りのひとこと『どうにもこうにも体力つけんといかんね』

31歳まであと173日です。

本日もおつかれさまでございますたφ(´д`o)

「好きな仕事だから安くても良い」という妄言

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38477473.html

「好きな仕事だから安くても良い」という妄言
http://d.hatena.ne.jp/si-no/20100520/1274366146
「安いけど、この仕事が好きだから仕方が無い。お金がないけど我慢しよう!」なんて考えは論外で、実際は「この仕事が好きだけど、安いから他の仕事で穴埋めをしなければならなくて、好きな仕事が出来なくなる」という落とし穴に嵌ってしまう。だから創り手は「仕事が好きなら、その仕事にずっと没頭できるように正当な利益を稼がなければならない」と思わなければならない。

「金が無くても良いものは創れる」という言葉は事実だが「だから資金が無くても、献身的な頑張りで良いもの創れるよね?」という発想に行き着くのは大きな間違いだ。ゲリラが低予算で奇襲を仕掛けることと、軍隊が「弾丸も銃も補給できないけど、精神論で乗り越えろ」というのは全く異なっていて、後者の場合はただに士気を損なう結果しか産み出さない。

要するに、創り手はもっと金に対して貪欲になるべきなんですよ。

「金さえ儲かりすれば良い! 俺は商業主義の豚に堕す!」……とまで徹底しろとは言わないけれども、金があればそれだけで余裕が生まれて、金策に切羽詰まることも無くなって、設備投資も出来て成長の方向へと持って行ける。

十分な資金があれば、金が無いという理由だけで苦渋の決断をしなくても済む。古い機材で工夫して仕事をする必要もないし、体系的なスキルアップや教育の機会もないまま長時間労働だけを頼りにして根性で仕事をこなす必要も無くなるし、目先の資金を得るための仕事がスケジュールを圧迫して、精神安定剤を飲みながら耐えるように仕事をするという惨状をある程度は防げるわけです。*2
すみません、大量引用してしまいましたが、
大変参考になりました。

起動時に自動でタスクマネージャを開く方法

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38477420.html

起動時に自動でタスクマネージャを開く方法
http://q.hatena.ne.jp/1169196805
C:\WINDOWS\system32\
taskmgr.exe
これをスタートアップへ。
参考になります。

男性シニア層の新聞購読率は95.8%

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38474593.html

男性シニア層の新聞購読率は95.8%
http://www.garbagenews.net/archives/1402481.html
なんとなく。。老後なら時間もあって 自宅でゆっくり読めるような気がするんですよね

日経新聞購読率26.1%…若者は2割、高齢者は4割

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38474574.html

日経新聞購読率26.1%…若者は2割、高齢者は4割
http://www.garbagenews.net/archives/1401631.html
多い。。 というべきなのでしょうか。

私は全く読んでません。
関連する記事(広告含む)
1 2 3 4 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21