[ご案内] 2018年08月に書かれた記事を一覧表示しています。(トップへ戻る)
2018年07月 | 2018年08月 | 2018年09月

outlook 2016で、送信ボタンを押して、2分後にメールを送信する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184094871.html

outlook 2016で、送信ボタンを押して、2分後にメールを送信する方法

【2分】は、例です。

この記事では、
outlook 2016で、メールを送信ボタンを押したあと、一定時間経過後に遅延して
メールを送信する方法について説明します。


やりかた。

[ファイル]タブから[情報] -> [仕分けルールと通知]
新しい仕分けルールの作成 -> [送信メッセージにルールを適用する]
そのまま、OKボタンで、すべての送信メールで適用、でさらにOK
[指定した時間 分後に配信する]のチェックボックスをオンにして、
[指定した時間]の青い文字をクリック]して【2】を入力する。(2分の場合の例)

あとはウィザードをすすめて完了ですね。

遅延設定をしておくと
送信ボタンを押した直後の、あっ間違えた!とかいうときの救済
つまりは、誤送信防止になるので
昨今言われるセキュリティの観点などからも
ぜひ設定しておきたい設定だと思います。

まだ設定してなければ、
この機会に試してみてくださいね。


●参考にしたサイト

1分後に送信するには | Outlook2010 | 初心者のためのOffice講座
https://hamachan.info/win7/Outlook/soshin.html


私なりの、業務上のPCメールが大量に届く環境における、2つの“しない”こと      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184094816.html

私なりの、業務上のPCメールが大量に届く環境における、2つの“しない”こと

一日に、何十件、何百件、のメール受信するような環境においては、
メールを気にしているとなかなか仕事になりません。
かといって、メールが来ていることを全く認識しないことも仕事上問題になる、
そんなときに有効だと思われる、私なりの方法について書きます。
大は小をかねるので、業務上のPCメールが少ない環境だったとしても
有効と思います。

今仕事で使っているメーラーがoutlookなので
これから書く内容は、たとえとしてoutlookでの説明を書いてますが、
メーラーは変われど、考え方は同じになります。

よく見聞きする方法としては

・メールは一日中に一回もしくは数回しかみない!とか
・決まった時間にしかみない!とか

あります。

これらが間違いなんてことは無いと思いますが、
私の方法はこれらとは違います。

冒頭にも書きましたが、ふたつの【しない】を実践します。


通知しない。

振り分けしない。


ひとつめ、通知しない。

最近のoutlookであればメールを受信すると
うっすらとデスクトップ通知と呼ばれるポップアップの通知が
右下あたりに出ると思うのですが、
メールの多い環境だと、しょっちゅうこのポップアップが
出たり消えたりを繰り返すので結構気になるため、
私はこの機能をオフにしています。

受信メールの通知をオフにする代わりに、
メーラーの受信ボックスを開いておきます。

受信ボックスの行の動きでメールの着信が分かるうえ、
連続でメールを受信しても、すぐに通知が消えてしまうデスクトップ通知とは違い、
直近の何件かは、表示され続けるので、きちんと件名等を確認できます。


ふたつめ。振り分けしない。

メールが多いと様々な種類のメールが来ていると思います。
いつもやりとりしてる人からのメールはもちろん、
ときには、はじめての人からメールが来ることもあるでしょう。
システムから機械的に送られてくるメールも
最近は種類も数も多くなっていると思います。

振り分けは一見整理されているようにみえますが
まず振り分け設定が面倒です。
また振り分けされたメールのフォルダに見に行く手間も増えます。
さらに、振り分け設定しても、ほぼ必ずあるのが
振り分け想定外のメールです。

もともと振り分け設定してない種類のものだったり、
振り分けてはいるが意図しない処理になって意図しないフォルダに入ってしまっていたり、
はじめての人からのメールの場合は、完全に振り分け設定をスルーしてしまったり、
せっかく振り分け設定しても完全でないうえ、
振り分けのメンテナンスも面倒
だったりします。

振り分けていて、たまにありませんか?
このメールはこの振り分けフォルダに入るはず、と思っていたが、
うまく振り分けられてなくて気づかなかったこと。
振り分けは便利なようで不便です。
それならもう全く振り分けしないでいいではないかと。

SNSのタイムラインのように
すべての内容を同じ場所に受信日時ごとに
ダーーッとそのまま受信してしまう。
で、さーーっとみていく。必要なものは開く。
このシンプルがいちばん漏れもなかったりします。

ただ、振り分けなしに、ごちゃまぜだと
過去のメールを探すときに、ずいぶん下までスクロールしなきゃならなくて
不便かも?と思われるかもしれません。
すべてのメールの件名に目をやるわけですから、
振り分けしている場合と比べれば、たしかに手間になると思います。

が、見るといっても件名だけなら、ただ下にスクロールしていくだけですし、
それだけで、漏れなくすべてのメールの受信状況を確認できると思えば、
よくないです?


あと、振り分けどうしてもしたいなら
受信メールをチェックしたものだけ、選択して振り分けをかける、
という方法があるといいます。
どうしても、振り分けたくて仕方ない人はそうするといいのでは。

ただ私はこれも面倒なのでやってませんが(笑)


以上が、私なりの、業務上のPCメールが大量に届く環境における、
2つの“しない”こと、でした。

これをきっかけに、
自分に最適な、大量の受信メールとの付き合い方、
考えてみてくださいね。



iPhoneでの文章入力用に、Bluetoothキーボードを買って使ってみた件(ファーストレビュー)      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184086912.html

iPhoneでの文章入力用に、Bluetoothキーボードを買って使ってみた件(ファーストレビュー)

kimihikoです。

最近…

文章を書くことが多いです。
アイフォーンを使うことが多いです。

なので前から思ってました。
タップ入力がなぁ。。って。

タップ入力には慣れてはいますが、
長文入力とかになるとやっぱりPCが打ちやすいのが現実です。

というわけで、アイフォーンへの入力のために外付けキーボードを買うことに。

買ったのはこちら。

Untitled

「iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03」

キーボードじゃないみたい(笑)

ペンと比べてもこんなかんじで、
モバイル製は抜群!
折りたたみ式で、ブルートゥースで端末とつながるキーボードです。

開くと自動的に電源オン。閉じるとオフです。

ブルートゥース接続なので
初期設定としてペアリングが必要ですが、
ファンクション+C を押して、
アイフォーン側で接続すればいいだけなので非常にかんたん。

キーボードのサイズ自体は、
ふつうのPCについてるキーボードと比べると、決して大きくはないです。
結構小さいは小さいですが、打ち感は良い感じです。

Untitled

開くとこんなかんじ。
すべてのキーボードが自然に並んでいて
普通のキーボードと比べても違和感がありません。

Untitled

とくにこの折りたたみ時のキーの動きが秀逸。
よくできていると思います。
これのおかげで、折りたたみ部分のキーサイズも均等になってるんだなぁと。


キーに関しては、PCで慣れているなら
ファンクションキーがなかったり、
一部キーが無かったり、小さめになっているキーがあったりと、
やはり慣れは必要になってくると思います。

ただ、キー配列はキーボードが変われば
なんでも慣れが必要と思いますし、
人間は大抵のことは慣れるのでまぁいいと思います。


少し残念だったのは
私のパワーが強すぎるのか、
端っこを強めに押すと、もう一方が浮いてしまうことですかね。

Untitled

↑わかりづらいと思いますが、こんなかんじです。

この点については下にタオルを敷くなど
することであまり気にならなくなりました。

私は普段仕事するときも
下にタオルを敷く人なので。。


最も、それも致命的に気になったのは
コピペができない問題!

コントロール+cで、コピーして
コントロール+pで、ペーストして、、って
あれ?できない?って。

調べた結果、
Windowsキー+cでコピーで
Windowsキー+vでペースト。

つまり、
コントロールキーではなく、
Windowsキーだと。

でもこれはこのブルートゥースキーボードの問題というよりは、
アップルのキーボードと、Windowsキーボードの
違いですな。これ以上の詳細はここでは割愛しますが。

私は現在、アイフォーン以外では
バリバリのWindowsユーザーですから
なかなかこれも、慣れかな。

。。。


で、ここに来て、えらいもんを発見してしまいました。


Untitled

これ。

シリコンのシールがついてました。(笑)


これだわ。

Untitled

さっそく背面の四隅にぺたりんこ。


Untitled

思った以上に大きくしっかりしたシリコンシールで、
シールを貼った後のキーボード、
非常に安定感が出ました。

実際にタイピングもしましたが。
そのまま机においても全くグラつかず
どこを押してもビクともしない。
安定感は飛び抜けてあがりました。

まぁこれをつけるのが正しい姿だったわけですな(苦笑)


一応日本語表記の説明書もあって、読み直したんですが、
よく見ると、内容物にシリコンシールが書いてありました。

ただ、説明の部分ではそのシールに
全く触れていなかったんで気づかなかった。(笑)

箱から出す時も、シールが小さすぎて気づかなかった(笑)


あと、、使っていて気づいた機能ですが、
ファンクション+コントロールボタンで、
iPhone上に、フリック入力時と同じように
ソフトキーボードを出すことができました。

使い方や好みにもよると思いますが、
キーボード入力の合間に、iPhoneをフリック入力をするといった
両刀使いが可能になるので、
これはこれで実際にやってみて便利でした。


ファーストレビュー。長くなりましたな。


最後に、評価とコメント、
そして商品へのリンクを載せておきます。



評価:
打ちこみの快適性 ★★★★☆
モバイル性 ★★★★★
デザイン性 ★★★★☆
総評 4.5 / 5点満点

コメント(総評):
打ち込みの快適性については、
シリコンシールを見つけるまではもっと低い評価にするつもりでした(笑)
ひとつ星を減らしたのは
ファンクションキーや無変換キーがなかったり
アイフォーンの入力環境として使う場合に
コピペなどのショートカットにWindowsキーを
使用しなきゃいけなかったり
全体的に小ぶりだったりなど、以上が気になること。
シリコンシール装着後のキーボードは
総合的に打ち込み感は、かなり良いこと。
両方を鑑みた評価としました。

モバイル性はすばらしく、デザインも悪くない。

長文入力時において、フリック入力より
キーボード入力のほうが快適だと改めて感じました。

この文章も、このブルートゥースキーボードで書きましたが、
この長文を、フリック入力のみで書く勇気は、
これまでもこれからも、まずないですからね。

また、この商品、amazonのレビューではとても高い評価となっています。
私はこの商品以外のブルートゥースキーボードを使ってことがないので
ほかの同類キーボードと比べられないのですが
折りたたみ時のこの小ささは、特筆すべきものと
実際に感じました。

モバイルキーボードとしては素晴らしい
出来なのかもしれませんね。



■おまけ

質問なんですが、
このブルートゥースキーボードをiPhoneで使う場合に
カタカナを一発で出す方法ってあるんですかね。

たぶん、ないんだろうなぁ…


App Storeが英語になってしまったときの日本語への戻し方      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184049029.html

App Storeが英語になってしまったときの日本語への戻し方

なんらかの操作の結果、
App Storeのみが英語に切り替わることがあります。

これは、USのApp Storeを表示するように
設定が変わったことが原因です。

戻しかたとしては、一度、サインイン中の
Apple IDから一度サインアウトします。

サインアウトするには、
設定⇒iTunes storeとApp Storeを開き
Apple IDをタップして、サインアウトを
選択すればOK

サインアウトってたまにしかしないんで
サインインのIDとパスワードを
しっかり思い出してから試してください。

また、サインインアウトすると、
iCloudミュージックライブラリを使用していた場合は、
機能が無効になるので、
サインインしたあと、再度設定を有効にする必要があります。
注意してくださいね。






(第6回)「不朽の名作、あの“ドラマチックシューティングゲー”」ゲーマー会管理者の思い出ゲームのコーナー【日曜正午更新(不定期)】      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/183959441.html

(第6回)「不朽の名作、あの“ドラマチックシューティングゲー”」ゲーマー会管理者の思い出ゲームのコーナー【日曜正午更新(不定期)】

思い入れの強いゲームを日曜正午に適当にご紹介する
ゲーマー会管理者の思い出ゲームのコーナー!



第6回!



はじめに。申し訳ありません。


今回ご紹介するゲーム。
ゲームの内容ははっきり覚えてなんです。

クリアしたかも記憶がない。
してないかもしれないし、したかもしれない。

が、強く心に残っている、まさに私の“思い出ゲーム”なので、
取り上げました。



今回取り上げるのは…

セガサターンで発売された
パンツァードラグーンツヴァイ

です!



※エピソード1 物語のはじまり


1996年発売。
20年以上前のゲームです。


当時、ゲーム機本体を持っていなかったんで
「セガサターン」を本体ごと友達から借りて
プレイしていたんだと思う。


繰り返しになりますが
ゲームのストーリーなどの内容は余り覚えてなくて。


でも

パンツァードラグーンをとても愛していた

その思いが強く残っています。




世界観が好きだった。





音楽が好きだった。







※エピソード2 本格的な旅のはじまり


世界観は、なんていえばいいんだろう。

世界観はそう、
風の谷のナウシカ的な感じでしょうか。


少年とドラゴンの物語



主人公はドラゴンの背中に乗って、世界を旅をします。



ドラゴンが愛くるしくて。



とても愛着がわきます。





※エピソード3 森林にて


音楽に関しては当時、

ツヴァイのサントラを買って

聞いてました。



それくらい好きだった。



音楽、動画で改めて聞くとやっぱりいいわぁ〜。



ステージごとに合った、
幻想的な感じがステキすぎる。


そして、動画を見ていて
遠い記憶がよみがえる感じがしました。




ああ。あの頃は本当に良かった。

そんな思いを抱かせるゲームの一つですね…。





ドラマチックシューティングゲームの名に恥じない
名作でしょう。





リメイク希望の声も少なくないようですが
そこは大人の事情でどうなるかわかりません。

今はただ、Youtue動画の存在に感謝したいと思います。



パンツァードラグーンツヴァイ
ゲーム評価:★★★★★


連載記事一覧ページ
http://tech.kimihiko.jp/article/183955432.html?ref=articleEndLink




あとがき:

シューティングケーの紹介が続いてますが、
たまたま、です。
たまたま…。

ただ、本音を言うとRPGなんかよりは
書きやすいってのがあります。

が、さすがに次はシューティングゲー以外について
書きたいと思ってます。




台所のコバエの簡単で衛生上も問題ない倒し方      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/183935488.html

台所のコバエの簡単で衛生上も問題ない倒し方

キッチン用のアルコール除菌スプレーを
プシューっと。

たちまちコバエが退治できます。

また食器にかかっても拭かずとも問題ありません。

ぜひ試してみてくださいね。

Youtubeをバッググラウンド再生する方法 2018年8月 iOS11.4確認済み      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184043799.html

Youtubeをバッググラウンド再生する方法 2018年8月 iOS11.4確認済み


ネット上には色々な情報がはびこって
いて私も翻弄されました。

サファリでYoutube PCサイトにアクセスして、、、とか
サファリで、タブを切り替えて、、とか。

サードパーティ製のアプリを使わなくても
できますよ!っていうやりかたを
よく見かけました。

私も見よう見まねで、試してみましたがうまくいきませんでした。

これらの方法はどうも、
アップルの公式アプリやiOSのバグ的なものをついて行っているものっぽいので、
時間が経ってアプリやiOSにアップデートが入ると、すぐにできなくなってしまうのかもしれませんね。


というわけで、今回ご紹介するYoutubeをバックグラウンド再生する方法は、
サードパーティ製のアプリを使う方法です。

ドルフィンブラウザというサードパーティ製のアプリを使います。
無料のアプリです。

やり方としては、
ドルフィンブラウザでYoutubeを開き、、
任意の動画を再生します。

次にアイフォーンの画面を
下から上へシュッとスライドさせて
コントロールパネルを出します。

右上に、先程再生してた
動画のタイトルが出てると思います。
その下の再生ボタンをタップします。

これでバッググラウンド再生できます。

サファリやiOSを使ったやり方と
実際に比べても、めっちゃかんたん。


まれにコントロールパネルからの再生が
上手くいかないこともあるんですが、
ドルフィンブラウザでの再生からの手順をもう一度繰りかえすと
今のところ100パーセントの確率で上手くいきます。


この方法、結構前にも試しましたが、
今も継続してバックグラウンド再生が可能でした。

サファリやiOSのバグを狙った技ではないので
比較的長持ちする技
かもしれませんね。


おすすめです!!





引数付きのURL+ページ内リンクするときに、リンクの書き方で注意すること      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184041220.html

引数付きのURL+ページ内リンクするときに、リンクの書き方で注意すること

×
http://www.xxxx.com/index.html#sample?=mode1


http://www.xxxx.com/index.html?=mode1#sample

この例が答えなんですが。

ページ内リンク(この例だと、#sample)は
必ず末尾に居る必要があります。

引数もページ内リンクもどちらの記述も
基本的にURL末尾につくものですので
少し注意したほうがよさそう。

むろん、こんな記事を書くくらいですから私も… (笑)

秀丸で、強調表示する文字などの設定を変更する“まえ”に僕がやっている、ちょっとしたこと。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184041174.html

秀丸で、強調表示する文字などの設定を変更する“まえ”に僕がやっている、ちょっとしたこと。

秀丸で、強調文字色を変更したい時って、
秀丸上で、文字を入力しながら、ここの文字の色を変更したいなって
思うときだと思います。


設定変更するとき、
そのた メニューから設定ウインドウを開くと思います。

ですが、設定ウインドウをそのまま開くと
現在入力中の文章が、設定ダイアログで隠れてしまって面倒じゃありませんか?

出現したダイアログを移動すればいいだけなんですけど
毎回だと、それが面倒に思うんですね。

というわけで、ぼくが強調表示する文字などの設定変更するときは
入力中の秀丸のウインドウとは別に、
まず新規作成として、別のウインドウを開いてから
新たに開いたほうで設定ダイアログを開くようにしてます。


そうすると、設定ダイアログは新たに開いたウインドウの上に出現するので
入力中ウインドウが隠れることがなく、
そのまま作成中の文章等を見ながら、強調文字設定の編集・検討ができます。

入力中のウインドウとは別のウインドウのファイルメニューから開いた
設定ダイアログでも、設定を終了した時点で
すべてのウインドウに設定内容が反映されますよ。

お試しください。


関連する記事(広告含む)
1 
 
2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ