[ご案内] 2018年11月に書かれた記事を一覧表示しています。(トップへ戻る)

【2018年製/Panasonic】トイレ掃除のタイミングを大幅先延ばし! 最新の泡コート機能付き電気温水便座の使用感を気合い入れてレビュー!!      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184850941.html

【2018年製/Panasonic】トイレ掃除のタイミングを大幅先延ばし! 最新の泡コート機能付き電気温水便座の使用感を気合い入れてレビュー!!

kimihikoです。

2年とちょっとしか使っていない
Panasonicのウォシュレット※、、ちゃうわ電気温水便座(以下、便座)が突如として壊れまして。
※ウォシュレットは商品名なので一般名で。

何故か突然、洗浄水が出なくなって本体から水漏れするようになってもうた。
説明書も見たんですが、おてあげだったので
アフターサービスに連絡。

修理代金がそれなりだったんでもう買い換えることにしました。
こんなに早く壊れたのってはじめてや、、、。

で、Panasonicはもうやめようかとも思ったんですが
何気にぼくも妻もPanasonic好きだったりするので
やっぱりPanasonicにすることに(苦笑

妻のたっての希望で便座のフタが自動開閉するやつがいい!ってことで
壊れた便座を購入してたのですが同機種のラインナップのなかでは安いものを購入してました。
ほんで使用感は良くない部分もありました。(理由は後述)

そこで今回はかなり思い切りまして笑、
フタが自動開閉するラインナップのなかでも上位の最新機種にあたる泡コート機能付きの便座を購入。
いつも、型落ちしか買わへんので。。。

せっかくなので、気合い入れてレビューしときます。大笑

買ったのはDL-AWM600という現行の最新機種です。
https://panasonic.jp/toilet/products/dl-awm.html



動画が非常にわかりやすくまとまってるのでおすすめ。

注目の泡コート機能について実際の使用感をまず。

便器を泡でコーティングすることで汚れの付着を抑制し、
掃除が1ヶ月に1回ですむようになる、、らしい。

まずは、泡コート時の実際に取り付けて使用時のナマ写真です!

Untitled

Untitled

ぶしゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

紹介動画のとおりでした(喜)

ほんで、しばらく使ってみましたが、
基本的な使用感としては満足です。


■泡コートの効果は充分あり!

商品説明のとおり、汚れがつきにくい実感がありました。

自動泡コート設定した状態で、
便器内を3週間ほど掃除せずに放置してみましたが綺麗なままでした。


ただ、この泡コート、細かい部分は完璧ではないことを知っておきましょう。

便器の前方部分や、便器のふちの裏側などは泡が届きません。
泡コートの勢いの変更もできますが、それでも届かない部分には届きません。


なので、そこらへんはこれまでどおり汚れがついていくと予想されるため、
とくに便器の裏側が汚れがきになったタイミングで
ブラシで手動掃除しておくのがベストと思いました。


ただこの泡コート機能も、先代のものよりは進化を遂げているようで
泡が二方向から噴射されるようになったり、
噴射範囲が広範囲になったり、、、これらは進化後の機能なんだとか。

今後、さらに進化していくことも充分予想されますが、
現段階でも充分実用性はあると思いました。


■泡コート用の洗剤について

これは自前で準備しますが、台所用の中性洗剤でOKです。

ただ我が家では本機購入当時、家に中性洗剤がなかったので
購入前に用意しておくとスムーズですね。

洗剤のよっても泡のボリュームも変わってきます。

濃縮度の高い洗剤を使うほうが泡の量が多くなりましたが
これは説明書には記載がありませんが
洗剤の通り道の詰まりに影響するかも?しれないので
ごく一般的な中性洗剤をつかっておくのが無難だと思います。

洗剤投入量は設定での変更も可能です。


■泡コートによる「ハネ抑制」機能

泡コートによる「ハネ抑制」機能というのがあります。
これは男子の立ち小便によるハネの抑制機能です。

効果はありますが、水たまり(封水)上の泡の中にきちんと小便をすることが前提です。
当たり前ですが。

。。。

上位機種だけに、泡コート以外にもさまざまな機能や工夫があります。


■継ぎ目なし便座で汚れが入り込みにくい

あまり知らない方も多いかもしれませんが、
安い便座は、便座が2つのパーツを組み合わせて作られており、
その継ぎ目に汚れが入り込みやすい構造になっています。

本機種はパーツが単一パーツで作られており継ぎ目のない構造になっているので、
汚れが隙間に入り込むことがありません。

地味ですが何気に清潔度は上がります。


■多彩なおしり洗浄機能。ユーザー別の設定保存機能も。

ムーブ洗浄や、ノズルの洗浄幅の変更など細かな設定が可能。
これ、以前の壊れたPanasonic便座では無かった機能で不満に思ってました。
とくに洗浄幅が変更できないと、ぼくの場合は、おしりに当たる水が痛かったので。

ユーザー別の設定保存も便利。
うちは妻との二人暮らしですが、おしり洗浄の設定が二人とも違うので、
以前の便座では、毎度設定を変更する設定の奪い合いでした(笑

本機種ではユーザー別に設定を保存できるので、奪い合いがなくなりました(笑
使用前に、ユーザーボタンを押す手間はできますが、設定の奪い合いよりは遥かにマシです


■ナノイーX機能

泡コート機能に注目を持っていかれがちな気がしますが、
この便座にはナノイーの10倍の機能を示す、ナノイーX機能もあります。
トイレ利用後にナノイーXを噴出して便器、便座、空間全体まで、
除菌とにおいの軽減が行われます。


■Panasonic 温水洗浄便座 DL-AWM600 レビュー結果

総合的に見ても充分買う価値のある商品と思いました。
買ってよかったと思います。

ただ、故障だけが不安なので
今回は高い買い物でもあったんで5年保証プランに入っておきました(笑)




以上、ご紹介ですた。


 
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ