[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

Google Adsense 自動広告を含めた各種広告ユニットの効果について書ける範囲で書いてみた件      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/183340783.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Adsense 自動広告を含めた各種広告ユニットの効果について書ける範囲で書いてみた件

Google Adsense のレポートでは 見積もり収益額 というカタチで
広告ユニットごとの収益額を確認することができますが
この収益額は確定したものではなく、規約上、公開もできません。
そのほか、クリック率などの具体的な数値も、です。
そのため、数値は伏せながら書ける範囲で今日は書きたいと思います。

過日、ブログ改修の一環で自動広告設定や、広告の種類や配置を変更をしたので
その後の状況についてみていくかたちにします。

改修は2018年05月13日頃に行いました。
そこで、変更日を除いた次の日から、期間を区切って調べてみました。

具体的には、以下の期間としました。
改修後:2018年05月14日から2018年05月24日

◇ ◇ ◇

はじめに当ブログの状況について書きます。

- 当ブログのアクセス数について
ページビューは月間1万〜ほどで、そのうちモバイルが20パーセント前後
となっています。

- 当ブログにおける現状の配信広告について
従来型の【広告ユニット】と未来型?の【自動広告】を設定しており
・PCサイトには【広告ユニット】
・モバイルサイトには【広告ユニット】と【自動広告】
を設定しています。

◇ ◇ ◇

つぎに、【広告ユニット】と【自動広告】ついてもう少し細かく書きます。

PCおよびモバイルに設定している【広告ユニット】と【自動広告】について
更に細分化すると以下のようになります。

■広告ユニット
- テキスト広告とディスプレイ広告
- 関連コンテンツ(ネイティブ広告)

■自動広告(で自動的に配信される広告ユニット)
- テキスト広告とディスプレイ広告
- アンカー広告
- 全画面広告

それぞれざっくり説明すると以下のようなかんじです。
- 自動テキスト広告とディスプレイ広告 … ふつうのページ内バナー広告
- 関連コンテンツ … 記事コンテンツに溶けこんだ広告。いわゆるネイティブ広告。
- アンカー広告 … 記事の端に固定される広告。
- 全画面広告 … 文字通りページ遷移時に全画面で表示される広告。

テキスト広告とディスプレイ広告については
【固定・レスポンシヴ】と【リンク広告】に大きく分けられます。

- 固定・レスポンシヴ
ふつうのバナーです。固定はサイズ固定のもの。
レスポンシヴは、ページの幅に合わせて表示されるものです。

- リンク広告
一行テキストのバナーです。
リンクテキストをクリックしたのち広告一覧が表示され
更にもう一度クリックして本来の広告にたどり着きますが
一説には効果が高いと言われている広告です。

◇ ◇ ◇

長くなりましたが
これらをふまえた上で見ていききますね。

分析メニューの中の【広告フォーマット】の項目が
今回分析するうえで色々分かることが多いと思いましたので
このデータを見ながら考察していきたいと思います。


pageshot of 'Google AdSense' @ 2018-05-06-1719'00
※数値は伏せてあります。

色々項目があって、ややこしいですが、我慢してください。
こればかりは慣れるしかないので。
私もこれを書きながら理解していってます(笑)

円グラフの 青、赤、オレンジ。

それぞれ上から
- テキスト、ディスプレイ(広告)
- ネイティブ / 関連コンテンツ / 広告あり
- リンクユニット
です。

グラフを見るに、それぞれ効果がが出ているように見えます。


まず、最も効果が高くなっている【テキスト、ディスプレイ広告】について。
このデータから分かることを書きます。

1、テキスト、ディスプレイ広告のなかで、圧倒的に
  表示回数が多いのは手動でページ内に配置した広告ユニットである
2、表示回数が少ないにも関わらず効果が高いのは
  モバイルサイトでの自動広告で配信されているアンカー広告
である。
3、モバイルサイトでのページ内広告については表示回数の割に目立った成果がない。

テキスト、ディスプレイ広告に含まれる具体的な広告は以下となります。
・ページ内に配置される広告(手動・自動の両方。PC・モバイルの両方。)
・ページの上下いずれかに固定されるアンカー広告(自動のみ。モバイルのみ。)

1については、単純に手動でページ内に配置した広告が一番多いからです。
効果もほどほど出てるというかんじでしょうか。

2の、アンカー広告は、とくに注目すべき点で、
当ブログの20パーセント程度のアクセスしかない
表示回数の少ないスマホサイトの広告にもかかわらず、効果が非常に高くなっています。

一方、3はほとんど効果がでていませんが
これについては常時固定表示されるアンカーに注目を取られているから
なのかもしれませんが、、あくまで想像です。


二番目に効果が高くなっている
【ネイティブ / 関連コンテンツ / 広告あり】について。
このデータから分かることを書きます。

・表示回数も多く、効果も高い。

ネイティブ / 関連コンテンツ / 広告あり に含まれる具体的な広告は以下となります。
・ページ内に配置される広告付き関連記事ユニット(手動・自動の両方。PC・モバイルの両方。)

ページ内広告のひとつ、ネイティブ広告の関連記事ユニットはとても効果が高いことが分かります。
関連している記事が表示されるから、
ついクリックしてしまうのか。。?

いずれにせよ、ぜひ導入したい広告ユニットと言えそうです。


三番目に効果が高かった、リンクユニットについて。
このデータから分かることを書きます。

・表示回数も多く、効果も高い。

ページ内広告のひとつ、リンクユニットも効果が高いことが分かります。
リンクテキストって、ひとことふたことワードが一行あるだけで
広告としては一見地味で、効果が低そうに見えるのですが
実は効果が高い!とか、どこかでそんな見解を、どこか別のブログ記事で
見たことがあり、とりあえずうちでも試すだけ試してみようかと導入してみたのですが
結果的に、高いことが分かりました。

考察はここまで。

◇ ◇ ◇

これらはあくまで私のブログでの結果にすぎません。
サイトの内容や掲載場所、時間の経過、集計期間など
様々な要因で変わってくると思います。

あくまで参考としてくださいませ。


今回、10日間の集計を見たんですが
ある程度時間がたったあと、集計期間をもう少し広くとって
データをみたほうが信ぴょう性があるような気もするので
しばらく放置してから、そこそこの期間を切り取って集計、
とかやってみたいと思ってます。

たとえば、設置後3か月経過後の8/13に、6/13〜8/13の2か月で
集計をとってみるとか。


あれこれ書いてみましたが、これで本当に以上です。
関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ