[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

エクセルで、関数が多重入れ子になって、ややこしくなる時のコツ      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/183653288.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
エクセルで、関数が多重入れ子になって、ややこしくなる時のコツ

エクセルで関数使ってると入れ子がどんどん増えて、どんどんややこしくなってくるじゃないですか。

そんなとき、例えば、関数を別の場所に分離したらいいんじゃないかと。

例えば、イフやブイルックアップが多数入れ子になってややこい、なんてとき。
一箇所で多重入れ子にするんじゃなくて、
これを分割して、二箇所でこれを実現するようにする。参照を駆使して。
すると入れ子の階層は当然ながらこの場合であれば半分になります。

ただあまりこれをすると
別の場所の関数との関連性を気にしないといけなくなるので
分割し過ぎも煩雑になって良くないと思います。

もっとスマートない解決方法もあるかもしれませんが
僕の頭だとこの単純な方法が便利でしたのでご紹介。

これだと
イフ上限64を超えるにもいいかも!
(未検証)
関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ