[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

iPhoneでの文章入力用に、Bluetoothキーボードを買って使ってみた件(ファーストレビュー)      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/184086912.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneでの文章入力用に、Bluetoothキーボードを買って使ってみた件(ファーストレビュー)

kimihikoです。

最近…

文章を書くことが多いです。
アイフォーンを使うことが多いです。

なので前から思ってました。
タップ入力がなぁ。。って。

タップ入力には慣れてはいますが、
長文入力とかになるとやっぱりPCが打ちやすいのが現実です。

というわけで、アイフォーンへの入力のために外付けキーボードを買うことに。

買ったのはこちら。

Untitled

「iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03」

キーボードじゃないみたい(笑)

ペンと比べてもこんなかんじで、
モバイル製は抜群!
折りたたみ式で、ブルートゥースで端末とつながるキーボードです。

開くと自動的に電源オン。閉じるとオフです。

ブルートゥース接続なので
初期設定としてペアリングが必要ですが、
ファンクション+C を押して、
アイフォーン側で接続すればいいだけなので非常にかんたん。

キーボードのサイズ自体は、
ふつうのPCについてるキーボードと比べると、決して大きくはないです。
結構小さいは小さいですが、打ち感は良い感じです。

Untitled

開くとこんなかんじ。
すべてのキーボードが自然に並んでいて
普通のキーボードと比べても違和感がありません。

Untitled

とくにこの折りたたみ時のキーの動きが秀逸。
よくできていると思います。
これのおかげで、折りたたみ部分のキーサイズも均等になってるんだなぁと。


キーに関しては、PCで慣れているなら
ファンクションキーがなかったり、
一部キーが無かったり、小さめになっているキーがあったりと、
やはり慣れは必要になってくると思います。

ただ、キー配列はキーボードが変われば
なんでも慣れが必要と思いますし、
人間は大抵のことは慣れるのでまぁいいと思います。


少し残念だったのは
私のパワーが強すぎるのか、
端っこを強めに押すと、もう一方が浮いてしまうことですかね。

Untitled

↑わかりづらいと思いますが、こんなかんじです。

この点については下にタオルを敷くなど
することであまり気にならなくなりました。

私は普段仕事するときも
下にタオルを敷く人なので。。


最も、それも致命的に気になったのは
コピペができない問題!

コントロール+cで、コピーして
コントロール+pで、ペーストして、、って
あれ?できない?って。

調べた結果、
Windowsキー+cでコピーで
Windowsキー+vでペースト。

つまり、
コントロールキーではなく、
Windowsキーだと。

でもこれはこのブルートゥースキーボードの問題というよりは、
アップルのキーボードと、Windowsキーボードの
違いですな。これ以上の詳細はここでは割愛しますが。

私は現在、アイフォーン以外では
バリバリのWindowsユーザーですから
なかなかこれも、慣れかな。

。。。


で、ここに来て、えらいもんを発見してしまいました。


Untitled

これ。

シリコンのシールがついてました。(笑)


これだわ。

Untitled

さっそく背面の四隅にぺたりんこ。


Untitled

思った以上に大きくしっかりしたシリコンシールで、
シールを貼った後のキーボード、
非常に安定感が出ました。

実際にタイピングもしましたが。
そのまま机においても全くグラつかず
どこを押してもビクともしない。
安定感は飛び抜けてあがりました。

まぁこれをつけるのが正しい姿だったわけですな(苦笑)


一応日本語表記の説明書もあって、読み直したんですが、
よく見ると、内容物にシリコンシールが書いてありました。

ただ、説明の部分ではそのシールに
全く触れていなかったんで気づかなかった。(笑)

箱から出す時も、シールが小さすぎて気づかなかった(笑)


あと、、使っていて気づいた機能ですが、
ファンクション+コントロールボタンで、
iPhone上に、フリック入力時と同じように
ソフトキーボードを出すことができました。

使い方や好みにもよると思いますが、
キーボード入力の合間に、iPhoneをフリック入力をするといった
両刀使いが可能になるので、
これはこれで実際にやってみて便利でした。


ファーストレビュー。長くなりましたな。


最後に、評価とコメント、
そして商品へのリンクを載せておきます。



評価:
打ちこみの快適性 ★★★★☆
モバイル性 ★★★★★
デザイン性 ★★★★☆
総評 4.5 / 5点満点

コメント(総評):
打ち込みの快適性については、
シリコンシールを見つけるまではもっと低い評価にするつもりでした(笑)
ひとつ星を減らしたのは
ファンクションキーや無変換キーがなかったり
アイフォーンの入力環境として使う場合に
コピペなどのショートカットにWindowsキーを
使用しなきゃいけなかったり
全体的に小ぶりだったりなど、以上が気になること。
シリコンシール装着後のキーボードは
総合的に打ち込み感は、かなり良いこと。
両方を鑑みた評価としました。

モバイル性はすばらしく、デザインも悪くない。

長文入力時において、フリック入力より
キーボード入力のほうが快適だと改めて感じました。

この文章も、このブルートゥースキーボードで書きましたが、
この長文を、フリック入力のみで書く勇気は、
これまでもこれからも、まずないですからね。

また、この商品、amazonのレビューではとても高い評価となっています。
私はこの商品以外のブルートゥースキーボードを使ってことがないので
ほかの同類キーボードと比べられないのですが
折りたたみ時のこの小ささは、特筆すべきものと
実際に感じました。

モバイルキーボードとしては素晴らしい
出来なのかもしれませんね。



■おまけ

質問なんですが、
このブルートゥースキーボードをiPhoneで使う場合に
カタカナを一発で出す方法ってあるんですかね。

たぶん、ないんだろうなぁ…


関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ