[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

outlook 2016で、送信ボタンを押して、2分後にメールを送信する方法      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/184094871.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
outlook 2016で、送信ボタンを押して、2分後にメールを送信する方法

【2分】は、例です。

この記事では、
outlook 2016で、メールを送信ボタンを押したあと、一定時間経過後に遅延して
メールを送信する方法について説明します。


やりかた。

[ファイル]タブから[情報] -> [仕分けルールと通知]
新しい仕分けルールの作成 -> [送信メッセージにルールを適用する]
そのまま、OKボタンで、すべての送信メールで適用、でさらにOK
[指定した時間 分後に配信する]のチェックボックスをオンにして、
[指定した時間]の青い文字をクリック]して【2】を入力する。(2分の場合の例)

あとはウィザードをすすめて完了ですね。

遅延設定をしておくと
送信ボタンを押した直後の、あっ間違えた!とかいうときの救済
つまりは、誤送信防止になるので
昨今言われるセキュリティの観点などからも
ぜひ設定しておきたい設定だと思います。

まだ設定してなければ、
この機会に試してみてくださいね。


●参考にしたサイト

1分後に送信するには | Outlook2010 | 初心者のためのOffice講座
https://hamachan.info/win7/Outlook/soshin.html


関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ