トップ   >   記事表示

itunesを利用した、

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/33645508.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
iTunesを利用した、Windows PC完全目覚まし時計化計画 〜その2〜

先ほど、iTunesを利用した、Windows PC完全目覚まし時計化計画
を発動したわけですが、これには煩わしさがありました。

http://tech.kimihiko.jp/article/33644292.html
時間変更の際は「タスク」と「iSnooze」の両方の時間変更
こんなのめんどくさい!!
リアルな目覚まし時計はそんな2度手間しなくてい!!

と自分で思い、別の方法も考えました。

iSnoozeというツールを紹介しておいてあれなれなのですが、
こいつを使わない方法でいきたいと思います。

つまり、OS標準のタスクの設定のみで、
スリープからの自動復帰 -> iTunesミュージックの自動再生を実現します。
これなら、時間設定の二度手間はなくなります!
ちなみに、iSnoozeを使わないので、スヌーズ機能は犠牲になりますが。。。

それでは以下に手順を説明します。

はじめに作業手順の概略を説明します。
まず、WSHという、一見javascriptに似たような
Windowsスクリプト言語を用いて、
iTunesの自動再生を実現するコードを用意します。
つぎに、これを実行するプログラムファイル「バッチファイル」を作成します。
さいごに、このバッチファイルをOS標準機能である「タスク」によって
指定時間に自動的に実行するようにします。

。。。言葉だけではなかなか分かりにくいと思いますので
以下を見ていってください。

http://d.hatena.ne.jp/Lingurin/20090117/1232163185
iTunesを目覚ましに使っていて、朝になるとパーティーシャッフルが自動で再生されるように設定している。
Windowsでは、以下のようなスクリプトで再生している。

var iTunesApp = WScript.CreateObject("iTunes.Application");
var mainLibrary = iTunesApp.Sources.ItemByName("ライブラリ").Playlists.ItemByName("パーティーシャッフル")

if (mainLibrary == null){
mainLibrary = iTunesApp.Sources.Item(1).Playlists.Item(2);
}


if (mainLibrary != null){
mainLibrary.PlayFirstTrack();
}
今回はこの素晴らしいスクリプトを使わせていただき
iTunesの自動再生をすることにしました。
スクリプトの説明は割愛しますが、
少しだけ変更してみましょう。

15
図の赤い丸の部分だけを、
再生させたいプレイリスト名にあわせて書き換えてください。
できたら、保存してください。
今回は仮に、デスクトップにitunesplay.jsとして
保存したとして話を進めます。


cd "C:\Documents and Settings\★\デスクトップ\itunesplay.js"
start cscript itunesplay.js
つぎに、バッチファイルを作成します。
上記コードをテキストファイルにコピペして
itunesplay.batとして保存してください。
その際、★の部分はあなたの環境に合わせて書き換えてください。

さいごに、「タスク」の設定です。
タスクの設定方法については、前述した
Windows PC完全目覚まし時計化計画
http://tech.kimihiko.jp/article/33644292.html
の記事を参考にしてください。

16
その際、プログラムの指定を、今回作成したitunesplay.batにします。
一覧に出ないと思いますので参照...ボタンより選択します。


以上です。
プログラムなどが全く(・_・?)な方には、何かあったとき
ちょっと難しいかもしれませんが、がんばってみてください。


テスト環境:WindowsXP Pro



19
【余談】
ちなみに、、長々と説明をしたあとで何ですが、
jsファイルの関連付けを Microsoft Windows Based Script Hostにしておくと
タスクでのプログラム指定で直接itunesplay.jsファイルを指定して
プログラムとして起動できるようになるため
バッチファイルを用意しなくてもよくなります。

でも、個人的にはjsファイルはテキストエディタに関連付けして
おきたいためにこのような方法をとりました。


●参考リンク

iTunes自動再生 - Macと愛猫
http://d.hatena.ne.jp/Lingurin/20090117/1232163185
2.VBScriptやWSHって何者?何が得意?
http://www.happy2-island.com/vbs/cafe01/capter00200.shtml
@IT:運用 Windows管理者のためのWindows Script Host入門 第1回 WSHの内部構造 2.WSHの構成
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/wsh01/wsh01_02.html
関連する記事(広告含む)
こんにちは。わかりやすくとても参考になる記事、感謝感謝です…
なのですが、ご紹介の通りにやってみたところ、iTunes起動して指定したプレイリストの選択まではできたけど自動再生がされないので、調べて試してみた結果itunesplay.jsのスクリプト1行目を
var iTunesApp = WScript.CreateObject("iTunes.Application").play;
としたところ自動再生が可能になりました。何か設定の違いなのか、何なのかはわかりませんが…
とりあえずご報告までに。またいろいろと参考にさせて頂きます!
2009年11月27日  aya
ここで書かれていることと、同じようなことをしたくてソフトを作ってみました。Google カレンダーで目覚ましが鳴る時間を制御できるようにしています。もしよかったら使ってみてください。
2010年08月11日  Q
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。