[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

ゲーマーの私がソーシャルゲームにハマれない理由。      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/54457945.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーマーの私がソーシャルゲームにハマれない理由。

ソーシャルゲームは、実はゲームではないかもしれないから。

ゲームとはなんなのか、ソーシャルゲームとはなんなのか? - じゃがめブログ
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20120228/p1
ルールの前に人は平等である
(前略)

それらと比較すると、ソーシャルゲーム、ひいてはパチンコもですけれども、これらはやっぱりゲームではないんですね。ゲームと名は付いていますけれど。

(中略)

そうではなくて、プレイヤーとディーラーが平等ではない、と。
ソーシャルゲームなんかでは、実は裏側で値の調整というのができるようになってます。負けが込んでる人には勝たせるために、乱数や支払った課金とはまた別に「快楽を覚えさせる」ための調整が。
それって、まったく平等ではないし、そもそもルール自体を破壊している訳です。
武器屋で武器を買うには100G掛かるが、ではどうやって稼ごうか、という「どうやって」を考えて実行する部分がゲームな訳ですけれど、そこで「こいつ心折れそうだから50Gで買えるように一瞬だけ調整してやろう」とかされると、ルールが破壊されることで「どうやって」という一時ゴールが失われちゃうわけです。それは何が楽しいのか、となる。本当にゲームなのか?

(中略)

ソーシャルゲームやパチンコにハマる人は、この快楽コントローラーをディーラーに完全に握られていると。それはそれで悪いことではないですけれどね。今が楽しければそれがいいという考えはあるでしょう。でも、本当にそれでいいんですか?
関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ