[ご案内] 記事詳細ページです。こちらからトップページへ戻れます。

(疲れた)Google Chromeでインターネットにアクセスしようとすると「読み込み中...」のまま止まってしまい、ページを表示できなくなったときの原因と対処法      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/57040210.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
(疲れた)Google Chromeでインターネットにアクセスしようとすると「読み込み中...」のまま止まってしまい、ページを表示できなくなったときの原因と対処法

まず、この問題について特筆すべきは、どうにもならない、ということ。

症状の詳細ですが、
まずchromeを起動した時点で、www.google.com、へアクセスしようとしていて
つながらずにぐるぐるマークがでっぱなしで白紙で止まったまま。。
というかんじになります。
www.google.com、へアクセスしようとする動作自体は
Google Chromeの設定における起動時の初期設定動作だと思います。

さらに、自分で、URLを入力したり、ブックマークからページにアクセスしようにも
全くつながらない、、という状態です。
ちなみに他のブラウザでは普通にインターネットアクセスが可能です。

今回の症状、、さらに困るのは、
設定画面を開こうにも、設定画面すら開けないのです。

ブラウザを強制終了させてブラウザの再起動をしても全く同じ状況。
さらにマシンの再起動をしても、同様です。
また個人的に直近、I want thisに翻弄されていたために、
もう一旦Chrome自体をアンインストールしないと駄目かな、なんて思ってたのですが、
根気良く調べていると以下、本症状に関連しているであろう
気になる情報をいくつか入手いたしました。

Google Chrome 起動はできる。しかし、読み込み中のまま。 - 粉もやし
http://d.hatena.ne.jp/conamoyashi/20120706/1341622428
Google Chrome v20.0.x
起動は出来るものの、いつまで経っても読み込み中でページは白紙のまま、何も表示されない。

しばらく放置してみると、クラッシュしてしまい、応答なしとのウィンドウが表示される。待機を選択できるが状況は変わらず。
ページが白紙のままというのが重要な点で、例えばインターネットに接続できないのであれば、その旨のメッセージが表示される。
しかし、IEやFirefoxからはインターネットに接続できるので、Chrome本体に不具合があるようだ。
また、拡張、設定、ブックマークなども表示できず白紙のままで、読み込み中となるため、ネットワーク関連のトラブルではない。

似た症状の報告は何件か見かけるが、いずれも解決に至っていない上、v5.0.xでの報告が多いため、参考にならない。
http://d.hatena.ne.jp/do-low/20110719/1311038395
Chromeの元となっているChromiumやSRware ironなどの派生ブラウザも同様にページが読み込み中のままとなることが判明した。
どうやらChromeではなくChromiumの問題らしい。
いやはや、全く同じです。
私の環境は Windows 7 Home Premium下の、Chrome 20.0.x。
つまりChromeブラウザのバージョンも、粉もやし さんと全く同じです。
しかも時期も近いことから、何か共通の原因がありそう。
Chromiumなんてものが元として存在しているんですね。はじめて知りました…。

Google Chrome で表示が出来ないとき - *
http://d.hatena.ne.jp/do-low/20110719/1311038395
ある日、Vista + Chrome 12.0 で、サイトの表示が一切出来なくなった。
具体的には、ページがずっと読み込み中なんだけれど、ブランクの画面が表示され続けているという状態。
他のブラウザでは表示できるので、Chromeで何かしらの問題があるっぽい。
表示できないサイトはSSLの有無は関係が無いという点と、オプションなどのchrome://以下のページも表示されないという点。
なので、ググってすぐに出るような内容のは当てはまらなかった。
ブラウザ再起動でも改善しなかったのだけれど、よく見るとタスクバーにクロームが常駐している。
試しにそれを終了させてから再起動すると、正しく表示された。

Chromeは好きなんだけど、たまーに致命的に使えない瞬間が訪れるからびびる。。
情報は少し古いですが、

よく見るとタスクバーにクロームが常駐している。
試しにそれを終了させてから再起動すると、正しく表示された。


とあります。 …なるほど。
というわけで目線を下げてみると、たしかに常駐アイコンがありました。
do-lowさんと、同じように終了してみて、Google Chromeを起動すると、、


つながった!


とりあえず解決です!do-lowさん、ありがとう!


。。。

と、喜んでばかりもいられません。

なぜなら、解決方法が、常駐の停止、だったから。
ということは、マシンを再起動したら常駐が復活してまたつながらないのでは…。

と思い、再起動してみたのですが、、



ggl1

案の定、症状復活。つながらない。



というわけで再発を防ぐにはまずは
この常駐をさせないようにしないといけないようですね。。

常駐させない方法ですが、

ggl2
常駐アイコンの上で右クリックをして、
バックグラウンドで実行を許可する、のチェックを外せばよいです。

というわけで、常駐が悪さをしていたんですね。
これは不具合なんでしょうか…。
できれば 粉もやし さんのところもそうだったのか
知りたいところではありますがブログページの情報だけでは判断できません。

。。。と、ここにきて、1点気になる点が。

そもそも、Chromeっていつから常駐するようになったんだろう?と。

そいうえば、最近、Google Publisher Toolbar を入れたときかしら?




もう疲れちゃった…。




長くなりましたが最後にひとことだけ。

Google Chromeっていうブラウザは、
他のブラウザと比べて作りが独特であると感じます。
たとえばインストールとか、設定画面とか、
googleアカウントによる設定情報の自動同期とか、です。

いい意味では画期的で、普段は早くて使いやすいのですが、
do-lowさんもおっしゃっていて、私も感じることなのですが、
使えなくなるときは致命的なことが多いように感じます。

それだけは、今後、できれば安定させていただきたいですね。。

なんだかんだありますが、
それでもChromeはやっぱり早くて使いやすいブラウザなので、
できればめげずにできるだけファストブラウザ(メインブラウザ)として使いたい、
と思う今日この頃。

なのでChromeさん、イノベートがんばってくださーい。


[直後、追記]


余談ですが、Chromeブラウザは、
GoogleさんのChromium プロジェクツに内包される
プロジェクトのひとつです。

The Chromium Projects
http://www.chromium.org/

このChromium プロジェクツのなかには
Chromium OS(Chrome OS)を作ろう、というプロジェクトがあり、
この動画はそれについての説明を描いたものですが、
これを見ると、Chromeが独特な理由を感じることができます。

明快で面白かったので、ぜひ見てみてくださいませ。



こちらも解決というか、Chromeの使用は諦めることになりました。
Chromeが常駐しようとする際に、セキュリティ関係のソフトと競合していたようです。
2012年07月15日  粉もやし
コメントしましょう!
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントスパムが大変多くなっており、コメントの投稿に関して制限を設けております。
  • コメントの投稿が完了できない場合、お手数ですが以下をご確認ください。
  • ・半角英数のみのコメントはできません。
  • ・コメントにURLを含めることはできません。
  • ・設定された禁止ワードにひっかかる場合はコメントできません。(禁止ワード非公開)
  • ・javascriptを有効にしないとコメントできません。(スパム対策に利用しているため。)
  • どうしてもコメントができない場合にはお手数ですがお問い合わせまでご連絡ください。
  • 状況を確認しご返信差し上げますので必ず連絡先をご記入ください。
  • 以下は、いただいたコメントに関するご案内です。
  • ・コメントは承認後に表示されます。すぐには表示されません。
  • ・明らかな広告コメントなど、迷惑なものと判断した場合、掲載前にコメントを削除いたします。(偽造ブランド販売、FX、情報商材の方は特にご遠慮ください。
  • ※トラックバックは受け付けておりません。
 
2017年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ