[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

Excel2010でVBAする方法      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/60468853.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Excel2010でVBAする方法

表題の件ですが、以下ページが参考になりました。

Excel2010で開発タブを表示させる方法:Excel NAVI(エクセル ナビ)
http://excelnavi.livedoor.biz/archives/2629442.html
「開発タブ」を表示状態にするには、「ファイル」タブ→
「オプション」→「リボンのユーザー設定」を選択し、
「リボンをカスタマイズします。」と書かれているウインドウが
表示されたら、右側の「メインタブ」と書いてある欄の中に
「開発」のチェックボックスがあるので、その「開発」の
チェックブックスにチェックを入れて下さい。チェックを入れたら
「OK」ボタンでウインドウを閉じれば設定完了です。
すぐに設定が反映されて「開発タブ」が表示されます。
手順はこのとおりとなりますが、私なりにも図解しておきます。

クリップボード01
まず、オプションを選択します。

クリップボード01b
「リボンのユーザー設定」 -> メインタブを選択し -> 開発にチェックを入れます。

すると、開発タブが現れますので、そこでVBAすることができます。

クリップボード01e

Visual Basic for Applications - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Visual_Basic_for_Applications
Visual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)は、マイクロソフト社製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語である。
VBAとは、Visual Basic for Applicationsの略です。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium
関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ