[ご案内] 記事詳細ページです。(トップへ戻る)

三蔵法師降臨!超級を初見でワンコン攻略パ      

URL: http://tech.kimihiko.jp/article/93081467.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
三蔵法師降臨!超級を初見でワンコン攻略パ

三蔵法師降臨はコスト20までのモンスターしか参加できない制限ダンジョンです。
攻略とかみてると進化前の神とかがちょうど20らしく、それを使うようなかんじだったんで挑戦自体諦めモードだったんですが、
前回のエントリーで書きましたが、ここにきてホルスゲットですよ。

これは、三蔵法師攻略に使えるのでは!
ということで進化前のホルスパで挑戦してきました。
フレンドにも何人か進化前ホルスの人が居て、
同じく今回のフェスでゲットしてる人もいるんだろなと思ったり。

Untitled
初めての自前ホルスパはこんなかんじになりました!!

それでは私なりの攻略メモです。

一階は、ねねこ三体。
火バインドされるんで積極的に倒していったほうがいいんですが、
ホルスを発動できずにバインド。
何回かバインドされるも、ダメージにも比較的余裕があり、適度なスキル貯めができました。

二階は、ねねこ、ミノタウロス、はまひめ。
両端の、ねねことはまひめがバインドしてくるので早めに倒すことを意識したい。
中央のミノタウロスのフルスイング11225ダメージを受けきれる体力があるならここでもスキル貯めができそう。

Untitled
三階は、究極レイランのどちらかが出現。
自分がやったときは、天樹華の朱雀・レイラン(火・木)が出たのでその説明になります。
毎ターン攻撃であるものの、前半(HP50パー以上)はそんなに強い攻撃は無く、スキル貯めも可能か。
後半に一度光バインド攻撃が入りますがこのパーティではそこまで致命的でもなくて。
あと攻撃は強くなるので威嚇とか使うなりでサッサと倒すのが吉。
ただ、威嚇はできれば次で使いたいところ。

四階は孫悟空。ここも前半後半で攻撃パターンが変わるのみ。後半の強攻撃はそのままでは耐えられないことが大半だと思うんで、後半に入るまえにコンボで押し切れるなら押し切るか、威嚇や半減系スキルなどで凌ぎたい。
私は適当にやりすぎて、前半のダメージの読みをミスって、ここでワンコンしました。

五階は、光の三蔵法師。
先制5ターンの闇吸収。闇の攻撃をなるべく避けたいところですが、闇→光ドロップ変換攻撃も使ってくるため闇ドロップが必然的に少なくなり、そこまで吸収がネックにはならなかった印象。
後半はリーダーバインドという厄介な攻撃をしてくるので、前半に吸収ターンは消化してしまったうえで、後半はエキドナを使いつつ闇攻撃も混ぜて押し切りたいかしら。

六回はBOSSの闇の三蔵法師戦!!
おおまかには、光の三蔵法師の逆パターンです。5ターン光吸収と光→闇変換。
HP50パー以下では少し変わって、ドロップ移動時間二秒短縮されます。
二秒は私的には結構でかく感じました。
短縮を意識せず操作して、あー、となってしまうのでなるべく移動の短いパズルを意識して乗り切りたいですね!!

もっと真剣にやればノーコンも
いけそうな気はしましたが
書いてて思ったんですが、エキドナの使いどころが多すぎな気がするので、もっと真剣にやってもやっぱりワンコンくらいはしてしまうのだろうか。

戦況に応じてどこで
エキドナの威嚇を使うのかがキーになってきそうなのと、
エキドナ以外の補助スキルをどう準備してパーティを組むのかがポイントになりそう。

やっぱ、パズドラはエキドナとホルスですなあ。

Untitled
倒すと運が良ければ三蔵法師がドロップします。
私は闇のほうがドロップしました(`・ω・´)
光も泥するのかな?


●以下、攻略情報

ホルスパで三蔵法師超級攻略動画
※私ではありません
http://m.youtube.com/watch?v=iA25fWtd6Yc

パズドラ攻略「三蔵法師 降臨!」西遊記の登場メンバーを引き連れて闇と光の法師がやってきた! - たのしいiPhone! AppBank
http://www.appbank.net/2014/04/12/iphone-application/794766.php
関連する記事(広告含む)
コメントを書き込む
名前 ※ご自由に

メールアドレス ※ご自由に

ホームページ ※ご自由に

コメント ※必ず

  • コメントがうまくできない場合などはこちらをご確認ください。
 
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ