トップ   >   カテゴリ表示:analytics - Google Analytics(レポート数値は規約上非公開)

Analytics レポートへのアクセスを他のユーザーに許可するにはどうすればよいですか。

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6505647.html

Analytics レポートへのアクセスを他のユーザーに許可するにはどうすればよいですか。
https://www.google.com/support/googleanalytics/bin/answer.py?answer=55500&hl=ja_JP
Google Analytics では、アカウントにユーザーを何人でも追加でき、レポートへのアクセス権をさまざまなレベルで設定することができます。 新しいユーザーを追加して特定のプロファイルのレポートへのアクセスを許可したり、既存のユーザーのアクセス権限を変更することができます。

新しいユーザーを追加してアクセスを許可するには、下記をご覧ください。

[アクセス マネージャ] をクリックします。
[追加] をクリックします。
追加するユーザーのメール アドレス、姓、名を入力します。 このメール アドレスは Google アカウントに登録されている必要がございます。
このユーザーの [アクセス タイプ] を選択します。 [レポートの表示のみ] または [アカウント管理者] のいずれかを選択します。[アカウント管理者] を選択すると、ユーザーはアカウントの設定を編集することができます。
このユーザーにアクセスを許可するプロファイルを選択します。 ユーザーは、選択されていないプロファイルのレポートにはアクセスできません。
[追加] をクリックして、選択したプロファイルを [選択したプロファイル] リストに追加します。
[完了] をクリックすると、新しいユーザーが作成されます。 新しいユーザーは Google アカウントのメール アドレスとパスワードを使用してログインできるようになります。
既存のユーザーのアクセス権限を変更するには、下記をご覧ください。

[アクセス マネージャ] をクリックします。
[既存のアクセス] リストでユーザーを探し、[編集] をクリックします。
[使用できるプロファイル] から、このユーザーにアクセスを許可するプロファイルを選択します。 ユーザーは、選択されていないプロファイルのレポートにはアクセスできません。
[追加] をクリックして、選択したプロファイルを [選択したプロファイル] リストに追加します。
[変更を保存] をクリックして、このユーザーのアクセス権限を更新します。

社内からのアクセスをレポートから除外する方法は?

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6505402.html

社内からのアクセスをレポートから除外する方法は?
http://accana.tak3.net/modules/smartfaq/faq.php?faqid=9
自社内からのアクセスを除外するには、「除外フィルタ」を使用します。
ログソースフィルタでもプロファイルフィルタどちらでも目的を果たせますが、以下はプロファイルフィルタでの例です。
1.目的のプロファイルの編集をクリック
2.プロファイルフィルタ タブをクリックし、追加をクリック
3.サンプル フィルタの選択から「内部トラフィックの除外」を選択
4.フィルタ パターンに書かれているIPアドレスを、自社のIPアドレスへ書き換え「完了」をクリック
5.すでにレポートを作成している場合は、これ以降除外されますのでいままでのレポートも除外したい場合は再解析(ストレージ/DBタブでDBのクリーニングの「すべてのデータ削除」をクリックし、集計データベースをクリアしてから)が必要です。

もし、IPアドレスを範囲指定したい場合は、以下のようにします。
 複数のIPの場合・・・192\.168\.12\.32$|10\.10\.1\.23$|63\.212\.171\.5$
 複数のネットワークアドレス・・・192\.168\.12\.|10\.10\.1\.|63\.212\.171\.
 レンジ指定・・・192.168.10.[1-5][0-9]$

キーワードKJ法でコンテンツ発見

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6501907.html

キーワードKJ法でコンテンツ発見

1000位までのランキングリストで
前述(http://tech.kimihiko.jp/article/6501521.html)した
1,2,3をひととおり見たのち、
そのキーワードリストをプリントしてみる

会社の場合は社員にそのリストを配って
どの語句が増えたらいかなど、意見を募るのも面白いかもしれない。

さらに、このプリントアウトをはさみで1語ずつ
ちょきちょき切る。

1000枚の紙片を作成して
順不同に紙片を手に取り、机の真ん中に置く。

1枚目の語句と似ていると思えば近くへ
似てないと思えば遠くへ置いていく。

次から次へと直感便りに1000枚を机においていく。
1000位がタイヘンなら、300マイでもいいぞ!
(窓を閉めて、風に注意!!ε (      v ゜ ω ゜) )

。。。

この作業が終了したら
改めて机にどんなまとまりが出来ているか見てみる。
「このあたりは、これ関連」
「このあたりは、これといっしょだ。」
といった具合にまとめていく。

大切なのは、1、2枚で孤立した紙へん。

これらは実際に検索から訪れたが
コンテンツが足りないために総数が多くないキーワードたちだ。

サイトで商品を展開していて
もし商品の特長につながるようなワードであれば
そのワードを中心にしたコンテンツを企画してみよう。

●参考リンク
KJ法とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/KJ%E6%B3%95

●参考資料
web担当者 現場のノウハウ8
p102〜

アクセス解析:検索語句を見るときの3つのポイントv002

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6501521.html

アクセス解析:検索語句を見るときの3つのポイントv002

1.重要なのに下位に溜まっている語句がある
2.力を入れていないのに、意外に多く訪れている語句がある
3.全く顧客にならないタイプの語句がある

・1について
本来大切に思っている語句があるはずなのに、サイトではあまり使用していない。
SEOを意識するあまりそういうことが実は非常に多い。


・2について
実際そのキーワードで検索してみても
自サイトが100位ぐらいまでみても現れないことも多い。
この人たちはいったい何位まで見ているのだろう、と思うかもしれないが、
それぐらい、検索者は一生懸命そのキーワードで探しものをしているというわけだ。


・3について
これは放っておいてもよいようなものだが注意が必要。
たとえば、サブコンテンツとしてちょっとしたエピソードとして
書いた文章内のキーワードへ多く訪問される場合がある。
BtoBサイトなのに、一般消費者らしいキーワードで
多数のアクセスがあったりする。
これでは総訪問者数からコンバージョン率を計算しても意味がない。

アクセス解析:検索語句を見るときの3つのポイント

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6501305.html

アクセス解析:検索語句を見るときの3つのポイント

1.重要なのに下位に溜まっている語句がある
2.力を入れていないのに、意外に多く訪れている語句がある
3.全く顧客にならないタイプの語句がある


●参考資料
web担当者 現場のノウハウ8
p102

アクセス解析:検索フレーズと検索キーワードの違いを理解する。

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6501208.html

アクセス解析:検索フレーズと検索キーワードの違いを理解する。

以下に例をあげます。
キーワード検索結果のログを
単純化したものだと思ってください。

検索フレーズ(回数)
イカ 冷凍(2)
タコ レシピ(1)
タコ 冷凍(1)


検索フレーズのランキングだけ見ると
「イカ」が上位にあり重要なものと思えますが
(この例では単純化されていて気づくかもしれませんが)
ランキングの上位だけ見てはなりません。

以下、検索キーワードに分解して再集計してみます。

検索キーワード(回数)
冷凍(3)
イカ(2)
タコ(1)
レシピ(1)


「冷凍」という単語が最上位となり
これが実は重要な語句、つまりニーズキーワードだと
分かります。

●参考資料
web担当者 現場のノウハウ8
p100
検索キーワードリストから見つけ出すコンテンツ企画

あらゆるサイトの、大まかなアクセス数や人気度などが分かる「Alexa」

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6389915.html

あらゆるサイトの、大まかなアクセス数や人気度などが分かる「Alexa」
http://www.alexa.com/

私の個人サイト(blog.kimihiko.jp)を例にしてみた。
Capu010

overview
http://www.alexa.com/data/details/main?url=blog.kimihiko.jp

Graph ...が表示されるはず。トラフィック(traffic rank)が上位10万位までに入らないとグラフ表示されない?
http://www.alexa.com/data/details/traffic_details?url=blog.kimihiko.jp

私の個人サイトは当然ランク外。205万位だそうです。
それにしても、色々細かいことがわかって便利そうですね。

Kimihiko.jp users come from these countries:
どこの国からのアクセスか。
・japan 100%

Kimihiko.jp traffic rank in other countries:
日本での順位
・japan 83191位

Where people go on Kimihiko.jp:
kimihiko.jpドメインへの流入割合。

・tech.kimihiko.jp - 77%
・design.kimihiko.jp - 12%
・blog.kimihiko.jp - 9%
・kimihiko.jp - 2%

このtech,kimihiko.jpが私のドメイン上では
アクセスの大半を占めている模様です。


余談:このサイトからコピペすると
あらゆるデータがおかしいのはなんでだろう。。。
関連する記事(広告含む)
1 3