[ご案内] Windows OSを一覧表示しています。(トップへ戻る)

Windows7のフォルダオプションで、(すべての)フォルダーに適用がグレーアウトして適用できないときの対処法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/60246074.html

Windows7のフォルダオプションで、(すべての)フォルダーに適用がグレーアウトして適用できないときの対処法

foption
こんな場合ですね。

そんなときは。。。
フォルダオプションの設定ウインドウを出した場所を確認してみてください。

fop4
コントロールパネルや、ドキュメントウインドウ、コンピューター直下などではなかったでしょうか?
そういった場所などではグレーアウトになります。
この動作は仕様で、変更することはできません。

これは私の想像ですが、こういった場所は
Windowsが意図するところの“フォルダー”では無いんだと思います。。

で今、恐らくあなたは例えば、デスクトップ上で新規作成したフォルダなどの、
すべてのフォルダーの表示の見た目を同じにしたいと思っているのではないでしょうか?

そうなんです。それらフォルダーの中から任意フォルダの一つを開き、

Windows7の、フォルダーオプションの場所
http://tech.kimihiko.jp/article/59951550.html
ウインドウ左上の整理メニューより、フォルダーと検索オプションを選びます。
こちらの方法で、フォルダーオプションを開いてみてください。

fop1
すると、フォルダーに適用がクリックできるようになるはずです。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows7で、ウインドウを開いたり閉じたりするときのアニメーション(視覚効果)を無効にする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/60109672.html

Windows7で、ウインドウを開いたり閉じたりするときのアニメーション(視覚効果)を無効にする方法

表題の件、ふわっとしたかんじで、贅沢な気分に初めはなるんですが、
ずっと使ってるとこの動作が煩わしく感じることもあるもので、
この効果を無効にする方法について書きます。

http://www.millionwaves.com/200505121413.html
「コントロールパネル」−「システム」−「詳細設定」−「パフォーマンス」−「設定」−「視覚効果」で、
「パフォーマンスを優先する」に設定すると、表示はシンプルになるが、表示速度がアップする。
相変わらず設定の場所が分かりづらいような。。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows7の、フォルダーオプションの場所      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/59951550.html

Windows7の、フォルダーオプションの場所ですが行き方は色々あります。
慣れないと場所がわかりづいらいかもしれません。

●エクスプローラから
fop3
ウインドウ左上の整理メニューより、フォルダーと検索オプションを選びます。

●コントロールパネルから:コントロールパネルの表示方法が“カテゴリ”の場合(デフォルト)
コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション

●コントロールパネルから:コントロールパネルの表示方法が“小さいアイコン”“大きいアイコン”の場合
コントロールパネル→フォルダーオプション

WindowsXPのコントロールパネルに慣れきってしまっている場合は、
コントロールパネルの表示方法を“小さいアイコン”か“大きいアイコン”にしておくと
分かりやすいかもしれません。

あと若干余談ながら、細かい話かつ、ご存知の方も多いとは思いますが、
一応書いておくと

WindowsXP以前は“フォルダ”ですが、
WindowsVista以降は“フォルダー”です。

そのほかのカタカナ用語も、それにならいます。
私はいまだに、伸ばさないほうが好きですが。。。

またしてもWindows8の話題でなくて恐縮ですが、以上です。

Windwows7のアイコンを小さくしたり、タスクバーを小さくしたりして画面を広く見せる方法。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/59677662.html

Windwows7のアイコンを小さくしたり、タスクバーを小さくしたりして画面を広く見せる方法。

私はWindowsの画面を有効活用するために、
アイコン系は出来るだけ小さくするのが好きです。

なのでその方法をメモしておきます。


まず、アイコンを小さくします。

画面上で右クリックをし、現れたコンテキストメニューより
表示 -> 小アイコン を選ぶと小さくなります。


次は、タスクバーを小さくします。

タスクバーとは、Windowsメニューやアイコンが並んでる、画面下のバーのような部分のことです。
タスクバー上で右クリックをし、プロパティを選択します。
すると、タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ ウインドウが開きますので、
タスクバー -> タスクバーのデザイン -> 小さいアイコンを使う にチェックを入れます。
これで、OKか適用ボタンを押すと、タスクバーが小さくなります。


どうでしょうか。画面が広く感じませんか?

Windows8の話題でなくて恐縮ですが、以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows7のタスクバーアイコンを小さくする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/58498434.html

Windows7のタスクバーアイコンを小さくする方法

タスクバーアイコンとは、
Windows7画面の下にアイコンが並んでいる場所のことです。

そのうえにカーソルをもってきて右クリックします。
コンテキストメニューより、プロパティを選択します。

クリップボード01
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ
というウインドウが開きますので、
小さいアイコンを使う、にチェックを入れてください。

メモるほどでもないかもですが、
恥ずかしながら最近知ったので、個人的な備忘メモです。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows7でcopipaする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/58498312.html

Windows7でcopipaする方法

COPIPAの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se289742.html

copipaとは、
エクスプローラーのコンテキストメニューに
「パスコピー」と「ファイル名コピー」というコマンドを追加し、
簡単にファイルパスとファイル名を
クリップボードにコピーできるようにする大変便利なフリーウェアです。

これをWindows7にそのままインストールして使おうとした場合、
うまく動作しないことがあります。

というわけで、Windows7へのインストールする前の準備を書きます。
参考にしたのは以下のページ。

COPIPA|Windows 7 アプリケーション動作報告リスト
http://w7.vector.jp/softrev/detail.php?s_no=31928
コントロールパネル(表示方法:アイコン)はじめに→コンピュータに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択「通知しない」再起動 install.bat実行→【動作】設定を元に戻す再起動→【引き続き動作】
以上、備忘メモでした。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows 7の左下の小窓から、PC内ファイル全体に対して検索ができるのを知っていて、これを活用している人ってどのくらいいるんでしょうか。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/56671413.html

Windows 7の左下の小窓から、PC内ファイル全体に対して検索ができるのを知っていて、これを活用している人ってどのくらいいるんでしょうか。

w1

w2

いや、ふと気になっただけですが。

ちなみに、pdfやoffice系ファイル、テキストファイルなどは
ファイルの中身の文字列まで検知して検索結果を出してくれますよ。

探し物に便利かもしれません。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows 7で、ウインドウの効果(エフェクト)を無くす方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/47717396.html

Windows 7で、ウインドウの効果(エフェクト)を無くす方法

Windows 7では、ウインドウが表示される際や、閉じる際などに、
ジワっとアニメーションのような効果が出るようになっていますが、
操作に慣れてくると、この効果を切って
きびきびとした操作感を得たくなる場合があります。
操作感と書きましたが、感覚だけでなく、効果を切ったほうが
実際にこれらの操作は早くなると思います。

前OS,Windows XPでは、画面のプロパティのデザインタブにある「効果」から
効果を切ることが可能でしたが、 Windows 7ではこの項目が無くなりました。

無くなったから効果を消す設定が出来なくなった、というわけではなく
設定の場所が変わったようなので、設定方法を以下に書きます。

コントロールパネル -> コンピュータの簡単操作センター ->
コンピューターを見やすくします -> 「画面上の項目を見やすくします」の
「必要のないアニメーションは無効にします (可能な場合)」にチェックし、
OKボタンを押せば完了です。

●参考にしたサイト

Windows 7 | コンピューターの簡単操作センターについて | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/ee221105



Windows 7 のファイルの上書きダイアログは使いづらいので、XPのスタイルに戻す方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/45356481.html

Windows 7 のファイルの上書きダイアログは使いづらいので、XPのスタイルに戻す方法

まず、どのへんが使いづらいのかご説明いたしましょう。

01
Windows 7では、上書きの際、このようなダイアログが出ます。
XPから機能が拡張され、三番目の項目として 移動するが両方のファイルを保持する
が選択できるようになりました。これは改善点と言って良いでしょう。
ただ、これをそう利用する機会は、そう多くはないはず。
(というか、これまでXPを使っていた人であれば、まず使うことは無さそうですが。。)

例えば“移動して置換”をしたい場合。
XPであればキーボードのエンターかYを入力することで続行できたのですが、
7の場合は、キーボードの上カーソルを3回入力してエンターを押さねばなりません。
これが非常にめんどい。

というわけでXPのスタイルに戻す方法。

Classic Shellというツールを使います。
まずは以下よりファイルをダウンロードしてください。

Welcome to Classic Shell
http://classicshell.sourceforge.net/

このClassic Shell では、スタートメニューも Windows XP にするらしいのですが
今回はエクスプローラのみXPにするため、
インストールの際 Select Features 画面で、
Classic Explorer にのみにチェックを入れてみてください。

02
インストールが完了した時点で、
上書きダイアログがXPスタイルになります!

03
設定画面を開くにはスタートメニューより Explorer Settings を起動します。
※今回の設定部分に関連する項目は赤で囲んだ部分になります。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium


●参考にしたサイト

Windows 7 のエクスプローラーを使いやすくする(タブ機能追加+α) - digitalbox
http://digitalbox.jp/happy-go-lucky-computing/windows/adding-tab-feature-to-file-explorer-on-windows-7/

Windowsで.htaccessファイルを作成しようとしても「ファイル名を入力してください」ダイアログが出て作成できないので、その対処方法。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/43590371.html

Windowsで.htaccessファイルを作成しようとしても「ファイル名を入力してください」ダイアログが出て作成できないので、その対処方法。

Windows環境で.htaccessを作成する | Bliss
http://bliss.dip.jp/misc/htaccess/

サーバにあげてから、ファイル名を変更すればいいのか。
なるほどなぁ!

にしても、それしか方法ないんすね。。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

windows7で、新規の拡張子を関連付けする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/43577591.html

windows7で、新規の拡張子を関連付けする方法

エクスプローラ上で、その、新規の拡張子を関連付けしたいファイルを表示・選択し、
右クリックより開く... を選び、開きたいファイルで開くと
新規の関連付けが追加されるみたいです。
XPとは違うので注意しましょう。

テスト環境:Windows7 Home Premium

●参考にしたサイト

Yakushima-Tonbo - Windows7での関連付け
http://www.yakushima-tonbo.com/windows/Windows7_ext.htm

ディスクの書き込みキャッシュを有効にしたり無効にしたりする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/39951081.html

ディスクの書き込みキャッシュを有効にしたり無効にしたりする方法

Cドライブ上で右クリック⇒プロパティ⇒
ハードウェアタブに切り替え、対象ディスクを選択⇒プロパティボタンをクリック⇒
ディスクのプロパティが開くので、ポリシータブに切り替える⇒
ディスクの書き込みキャッシュを有効にする を参照。

テスト環境:WindowsXP Pro

WindwosXPで使っていたときのソフトがWindwos7で動かなくなった場合の汎用的対処法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38667012.html

WindwosXPで使っていたときのソフトがWindwos7で動かなくなった場合の汎用的対処法

WindowsXP→Windows7に乗り換え時に、
全般的に言える注意ポイントかなと思ったので書いておきます。

・とりあえず互換モードにしてみる。
・管理者権限を与えてみる。
・通知を無効にしてみる。

とりあえず互換モードにする、について

03a
プログラム実行exeファイル上で右クリックしてください。
こういうことです。

管理者権限を与えてみる、について

02
03b
こういうことです。

通知は無効にする、について
01
05
06
こういうことです。

WindowsVISTA以降全般に言えることですが、
OSのセキュリティ機能が高まったために、
それによりソフトの勝手な動きを止められることが
多いように思います。

セキュリティや動作の正確性などについては不明確ですので
作業の際は自己責任にてお願いします。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

私なりの bluewindをWindows7で使う方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38660355.html

私なりの bluewindをWindows7で使う方法

7にして最も困ったことといえば、やはりbluewindが使えなくなったことでしょう。
もうこのソフトだけに関してはOS標準機能にしてほしいほど
手足と同じくらい重要なソフトとなっています。。 失って気づいたことです。。

はじめは、代替ソフトも検討したものですが、
これに勝るものはどうしても見つかりませんでした。

というわけで、やはりbluewindから浮気することはできなかったので
windows7でbluewindを使う方法を調べ私なりにまとめました。

blog::941:windows7 で bluewind を使う方法〜あるいはbluewind本体の紹介〜
http://blog.kushii.net/archives/1163470.html
windows7に乗り換えたら動かなくなってしまって、色々調べて
やっと動くようになったのでメモ。ちなみに「Ctrl+Space」で動かす方法。

<手順>
・bluewindが起動していたら終了させる(大事)

・C:\Program Files (x86)\bluewind のbluewind.exe を右クリック
 プロパティ→「互換性」タブ で、「互換モードでこの・・・」にチェック
 「管理者としてこのプログラムを実行する」にもチェック

・C:\Program Files (x86)\bluewind\Users\ユーザー名\bluewind.ini を
 テキストエディタで開いて以下で設定して、保存してから閉じる

 Call_key=32
 Call_Mod=2
 Call_S=Ctrl+Space

 これを
 C:\Program Files (x86)\bluewind\Users\All Users\bluewind.ini
でも同じようにやっておく

以上。
基本、こちらを参考にさせていただきました。

ただ一点だけ、説明のとおりにやってもうまくいかないことがあり
自分なりに調べたところがありますので以下に書いておきます。

これを
C:\Program Files (x86)\bluewind\Users\All Users\bluewind.ini
でも同じようにやっておく
と書いてありますが、
私の環境では
Users直下にはAll Users\bluewind.iniは存在してないんですよね。。

で、あれこれ試したのですが
bluewind\Files以下のbluewind.iniについても

 Call_key=32
 Call_Mod=2
 Call_S=Ctrl+Space

修正を行うと正常に動くようになりましたので、追記しておきます。


もう一点注意点!

bluewindをスタートアップ登録して起動時に自動起動させる場合は
コントロールパネルにて アイコン表示にして
はじめに -> コンピュータに対する変更の通知を受け取るタイミング -> 通知しない
に変更しないとスタートしないし、正常に動作しない可能性があります。


さらに、もう1点。。。

私の場合更に問題があり、bluewindとともに、sleipnirを使っているのですが
これの タイトル+urlコピーのショトカが、
bluewindのキーカスタマイズの キャプチャー登録 にバッティングしてしまい
sleipnirが正常に使えない状況でしたのでこれを修正するために、
以下の修正もしました。

同じく、bluewind.ini(前述のとおり2ファイル共に。)を開き。。

Capture_key=67
Capture_Mod=6
Capture_S=SHIFT+CTRL+C



Capture_key=73
Capture_Mod=2
Capture_S=Ctrl+I

のようにしました。
これは、xpのときの設定を引き継いだものです。
※コントロールIは、とくに意味はなく、ダミーショートカットです。

とりあえず、この7対応で何をすべきなのかといいますと、
7では、設定の変更がUIから行えないので
設定の変更をジカに行わなければならない、ということです。

にしてもbluewindの開発が再開されて
対応すれば大変ありがたいことなのですが。。。
贅沢はいえませんね。

以上です。復帰できて本当によかった。。

テスト環境:Windows7 Home Premium, bluewind 1.60r1

Windows7で、 関連付ける方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38659090.html

Windows7で、 関連付ける方法

http://yakushima-tonbo.com/windows/Windows7_ext.htm
[スタート] - [コントロールパネル] - [規定のプログラム]
または
[スタート] - [規定のプログラム]
または
[スタート] - [プログラム] - [規定のプログラム]

ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け をクリックします。
なるほどです。
とりあえず、スタートメニューから規定のプログラムに入るのが
一番近道ですね!

テスト環境:Windows7 Home Premium
関連する記事(広告含む)
1 3 4 5 6 7 8 
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ