[ご案内] Windows OSを一覧表示しています。(トップへ戻る)

Windows7を、クラシック表示にする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38659054.html

Windows7を、クラシック表示にする方法

ASCII.jp:これだけは知っておきたいWindows 7の疑問【後編】|XPと本気でさよならするための Windows 7特集
http://ascii.jp/elem/000/000/417/417668/
クラシック表示に戻せるの?

コントロールパネルの「個人設定」→「テーマ」で「Windowsクラシック」を選択することで、ウインドウなどをWindows 2000以前のようなクラシック表示に変更できる。
テーマを変更して画面デザインを「Windows クラシック」に変えられるが、新機能の多くが使えなくなる
ただし、スタートメニューは表示こそクラシック風に変更されるが、XPにあった「クラシックスタートメニュー」にはできない。
スタートメニューに関しては、いよいよ新しい操作体系に慣れるしかないようだ。
なおクラシック表示にした場合、Windows Aeroを使う新機能(Aero PeekやAero Snap)は利用できない。
上記説明を参照。注意すべきは、クラシック表示のテーマが隠れていることです。
はじめ分かりませんでした。。。

テスト環境:Windows7 Home Premium

windows 7でクイックランチャー(クイック起動バー)を表示する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38659036.html

windows 7でクイックランチャー(クイック起動バー)を表示する方法

http://toomva.blog60.fc2.com/blog-entry-316.html
0. タスクバーを右クリックして"タスクバーを固定する"からチェックをはずす。
1. タスクバーを右クリックして"ツールバー"→"新規ツールバー"を選択します。
2. 下記のユーザー名のところをご自分のものに変更して、 エクスプローラーのアドレスバーに貼り付ける。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
3.そのフォルダ内にクイック起動したいもののショートカットをフォルダ内に貼り付ける。
4.次に、Quick lunchフォルダがタスクバーに追加されるので、フォルダの左側のにあるアイコン類をどんどん右側に追いやる。
6.Quick lunchと書かれている付近で右クリックをしてボタン名の表示とタイトルの表示のチェックをはずす。
こちらも大変参考になりました。ありがとうございます。

テスト環境:Windows7 Home Premium

Windows7でファイル共有      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38658975.html

Windows7でファイル共有

Windows7 Windows XPとのファイル共有 - カチュアの館
http://kachua.s151.xrea.com/win7/tips/local_network/
【ネットワークの設定】
コントロール パネル > フォルダー オプション > 表示
より、「共有ウィザードを使用する (推奨)」をチェック

コントロール パネル > ネットワークと共有設定
より、共有の詳細設定の変更

以下の項目を選択
・ネットワーク探索を有効にする
・ファイルとプリンターの共有を有効にする
・パスワード保護の共有を無効にする
 ※Windows7側でユーザアカウントとパスワードを所持している人のみアクセスを許す場合は「有効にする」を選択

【フォルダ共有設定】
フォルダ上で右クリック -> 共有 -> 特定のユーザ

開いたウインドウにて、共有する相手 のプルダウンを
Everyone とする。
アクセス許可のレベルはご自由に。
重要部分だけ(抜粋)。

上記を参考にしました。
Windows XPとのファイル共有における7側の設定説明です。

特筆すべきは 7になって、共有するために
PCにパスワードを設定する必要がなくなったことでしょうか。

とりあえず、以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

windows7で、ファイルパスをコピーする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38658922.html

windows7で、ファイルパスをコピーする方法

私は引き続きコピパを使うことにしたのですが。。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se289742.html

windows7でのインストールの際は、【注意】が必要のようです。

http://w7.vector.jp/softrev/detail.php?s_no=31928
コントロールパネル(表示方法:アイコン)はじめに→コンピュータに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択「通知しない」
再起動 install.bat実行→【動作】設定を元に戻す再起動→【引き続き動作】

windows 7のエクスプローラに同等機能があった。(shift+右クリック)ただしダブルクォートで囲まれる。
大変参考になりました。

tag:ファイルパス フルパス フォルダパス

テスト環境:Windows7 Home Premium

windows7で、デスクトップのアイコン間隔を調整する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38638977.html

windows7で、デスクトップのアイコン間隔を調整する方法

Windows 7:デスクトップアイコンのサイズを変更する方法: day
http://seawind.air-nifty.com/day/2010/01/windows-7-fa53.html
コンパネ -> ウインドウの色
ウインドウの色、だけだとちょっとわかりづらいですよね。。

windows script host の場所      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38638308.html

windows script host の場所

C:\windows\System32
wscript.exe

テスト環境:Windows7 Home Premium

windows7で、ロックを変更する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38501336.html

windows7で、ロックを変更する方法

コントロール パネル\デスクトップのカスタマイズ\個人設定

ウインドウ右下の スクリーンセーバー をクリックし、
待ち時間の数値を変更します。

以上です。

テスト環境:Windows7 Home Premium

起動時に自動でタスクマネージャを開く方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/38477420.html

起動時に自動でタスクマネージャを開く方法
http://q.hatena.ne.jp/1169196805
C:\WINDOWS\system32\
taskmgr.exe
これをスタートアップへ。
参考になります。

「アクセスが拒否されました」とエラーが出てファイルやフォルダへアクセスできない問題への対処方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/36755720.html

「アクセスが拒否されました」とエラーが出てファイルやフォルダへアクセスできない問題への対処方法

「アクセスが拒否されました」とエラーが出てファイルやフォルダへアクセスできない問題への対処 - reroの日記
http://d.hatena.ne.jp/rero/20050918/p1
まず,ファイルやフォルダのプロパティに「セキュリティ」タブが表示されるようにする.Windows XP Pro の場合,「フォルダオプション>表示>簡易ファイルの共有を使用する」のチェックを外す.ここまでで,ファイルのプロパティに「セキュリティ」タブが表示されるようになる.Windows XP Home の場合,セーフモードから Administrator でログインすればいいらしい(未確認).Windows 2000 の場合,最初から「セキュリティ」タブが表示されるので,この手順は不要.

アクセスが拒否されるフォルダ(あるいは,そのフォルダより上の階層のフォルダ)に対して,「プロパティ>セキュリティ>詳細設定>所有者>所有者の変更」で自分のユーザ名(もちろん,Administrators Group に属するもの)を選択.同時に,「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックして,OK ボタンを押す.

-------------------
ディレクトリ \??\G:\backup\c\Documents and Settings\rero\Application Data の内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。ディレクトリのアクセス許可を変更して、フル コントロールで利用できるようにしますか?
[はい] をクリックすると、すべてのアクセス許可が変更されます。
-------------------
というダイアログが出るので,「はい」を選ぶ.

いったんプロパティを閉じた後,「プロパティ>詳細設定>アクセス許可>子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」にチェックして OK ボタンを押す.

-------------------
すべての子オブジェクトに対して明示的に定義されたアクセス許可を削除して、その子オブジェクトに継承可能なアクセス許可を伝達できるようにします。Templates から伝達された継承可能なアクセス許可だけが有効になります。

続行しますか?
-------------------

というダイアログが出るので,「はい」を選ぶ.

ここまでで,アクセスが拒否されていたフォルダの内部にアクセスできるようになる.
いつの日か必要になるやも。。

テスト環境:WindowsXP Pro

.NET Frameworkのバージョンを確認する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/35217081.html

.NET Frameworkのバージョンを確認する方法
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/246checkvdnfw/checkvdnfw.html
OS別の.NET Frameworkのインストール状況が便利ですね。

ソフトをインストールするときなんかに、.NET Frameworkバージョン**以上、とか
ある場合に、これが参考になると思われます。

起動時に「ユーザーアカウントが複数あってどんなユーザ名が存在しているか」を隠す方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/34982622.html

起動時に「ユーザーアカウントが複数あってどんなユーザ名が存在しているか」を隠す方法

コントロールパネル -> ユーザーアカウント より
ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する を選びます。

ようこそ画面を使用する、のチェックをはずします。
すると、コンピュータ起動時に ユーザ一覧が表示されず、
ユーザ名とパスワードを入力するダイアログのみが出現するようになりますので、
起動時に一見ではどんなユーザ名が存在しているか分からなくなります。

以上です。

テスト環境:WindowsXP Pro
関連する記事(広告含む)
1 2 4 5 6 7 8 
 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ