[ご案内] blog/ブロガー/レンタルブログを一覧表示しています。(トップへ戻る)

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で“続きを読む”テキストリンクを無理やり画像ボタンにする荒業      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/13036213.html

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で“続きを読む”テキストリンクを無理やり画像ボタンにする荒業

さくらのブログ(=OEM Seesaa)(以下、さくらのブログ)では、
ブログサービスの機能として、“続きを読む”というのがあります。

かんたんに説明しておくと
“続きを読む”とは、Blogの記事が長くなって
『長いけど、詳しく知りたい方は、この先のリンクをみてちょ』
的なものだと思ってください。

“続きを読む”は 是か非か?なんてことも
よく取り上げられますが、ここでは触れません。



まず、この“続きを読む”具体的にどのような
実装になっているのかを解説します。

まず準備から。

記事投稿の画面で“本文”と“追記”部分に分けて
入力できるようになっていますので
それぞれ分けて記事を入力します。

すると、

トップや過去ログなどで記事が一覧で並んでいるときに
“本文”の最後の行の下に“続きを読む”リンクが出現。
これをクリックすると、記事の単独表示ページへ遷移します。
もう少し細かく言うと、
“本文”と“追記”が合体され表示された
単独表示ページの“追記”の上部分へのページ内リンク
となります。

こう書くとなんだかややこしいのですが
別に難しい話でもなんでもなくて。

URLにするとこのようなかんじです。
/article/00000000.html#more

…まぁしくみはこんなかんじで至ってシンプルです。



で、いよいよ本題に近づくのですが
その肝心の“続きを読む”リンクが
単なるテキストリンクで非常に目立たない。

実際、人に見てもらったのですが、
「気づかないよ」って言われたことも。

なので、このテキストリンクを画像ボタンにしましょう、
っていうのが今回の主題です。

そんなの画像用意してソースいじったら終わりやん、
ってかんじでしょうが、、これがそうはいかなくて^^;



HTMLソースや記事ソースを見たのですが
それらしき場所は見当たらず…

設定箇所といえば
設定 -> 記事設定 -> 続きを読む文言
で、ここで表示テキストを変更できるのですが、、
基本的にタグは入力できません。

試しにやってみたんですね。
そしたらやっぱり駄目でした。
なんかおかしくなります。


。。。


そこであきらめないkimidoraは色々試しまして
、、、なかば強引に画像化することに成功!

本当はこういう使い方しないんでしょうが…


。。。

それでは説明します。
説明自体は一瞬です。


記事投稿もしくは編集画面に出てくる
追記リンク文言のテキスト入力フォーム
にて
htmlソースを入力する。


そういうことです。
ここだとhtmlオッケーなようで。^^;


。。。

この荒業を使う上で注意すべきは、
記事設定の画面で、予め設定ができないがために
記事を投稿するたびに、ここも毎回ソースを入力しないといけない

のでちょっと面倒です。^^;

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で、ページャの代わりとして、リンクをそれっぽく仕込むちょっとした工夫(ただし月一回程度の手動更新発生)      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/13034819.html

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で、ページャの代わりとして、リンクをそれっぽく仕込むちょっとした工夫(ただし月一回程度の手動更新発生)

さくらのブログ(=OEM Seesaa)(以下、さくらのブログ)で、
最も致命的な仕様として、トップページにページャが
出せない
ということがあります。

ページャというのはページ送りのことです。
これがないと何が問題なのか。

トップページをずーっと下まで記事を順番に読んでゆき
続きのページへ…… 。。。。あれ? どこへもジャンプできない!?

ということになるんですよね。
これってかなり致命的です。考えてみれば。

ざっと他のブログとか見てもらえれば分かりますが
ブログでは普通、トップページに
ページャはあります^^;


さくらのブログでは
過去ログビューやカテゴリビューにあるページャを
インデックスで動作させようと思っても、できません。(たぶん)。

というわけで、これはどうにかならないか、ということで、
私が考えた、ページャの代わりとして、
リンクをそれっぽく仕込むちょっとした工夫。です。(前置き長^^;

。。。

まず下ごしらえとして、
トップページと過去ログビューのデフォルト表示件数を合わせます。
※ここらの操作説明は割愛。

それが出来たら
デザイン -> コンテンツ -> 記事 -> コンテンツHTML編集
といってもらって、記事ロジックソースを開きます。

<% if:page_name eq 'archive' -%>
<% if:archive_page_name eq 'month' -%>
<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi" style="margin-bottom: 30px;">
<% if:pager.previous_page %><span class="p_10 b_green_btn"><a href="<% archive.page_url(pager.previous_page) %>"><% /if %><<<% if:pager.previous_page %></span></a><% /if %><% loop:list_pager %> <% if:current_page ne pager_number %><span class="p_10 b_green_btn"><a href="<% archive.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></span></a><% /if %> <% /loop %><% if:pager.next_page %><span class="p_10 b_green_btn"><a href="<% archive.page_url(pager.next_page) %>"><% /if %>>><% if:pager.next_page %></span></a><% /if %>
</div>
<% /if -%>
<% /if -%>
<% /if -%>


↑こんなかんじのソースの固まりはありませんか。
その下にこんなかんじでソースを追加してみてください^^;↓

<!-- ここから 毎月手動更新!!:自作ページャもどき -->
<% if:page_name eq 'index' %>
<div style="margin-bottom: 30px;" class="navi">
<span class="p_10 b_green_btn">
      <a target="_self" style="color: #437a2f;" class="t_white" href="http://blog.kimihiko.jp/archives/200803-2.html">次のページへ</a>
      </span>
</div>
<% /if %>
<!-- ここまで 毎月手動更新!!:自作ページャもどき -->


↑これはあくまで私の例で
無駄なものも入ってますが、重要な点だけ
いくつか解説しておきます。

if:page_name eq 'index' 〜 /if

↑これで囲むと、それはindexページ(トップページ)でのみ
出現するものとなります。

href="http://blog.kimihiko.jp/archives/200803-2.html">次のページへ</a>

↑慣れているヒトには説明するまでもないと思いますが。
このHREFのURLは、“過去ログビュー2008年3月の2ページ目”という
意味になります。

ここがタイトルで書いたように、“1ヶ月に一度の更新箇所”となります。

トップページの下まで来たら、そのまま“当月の2ページ目”に飛ばすのです。

そちらにジャンプしてもらうと、後は過去ログビューに入りますので、
ユーザはページャをたどってページ遷移できるようになります。

前述した下ごしらえが、ここで大きく関係してくるのですが、
トップページのデフォルト記事表示件数と過去ログビューの
表示件数を同じにしておくことで、自然な“擬似ページャ”を表現できるのです。

私の説明が下手なので、まだ意味が分からないかもしれませんね。

・トップと過去ログビューの表示件数を合わす事
・トップページ最下で当月の過去ログビュー2ページ目へリンクを貼ること。

このふたつは密接に関わっています。

1ページ目では“不自然”です。
なぜ2ページ目でないといけないのかも
次の説明で分かっていただけるかと思います。
勘のいい人はもうお分かりですね^^

仮に、単純に、トップページの一番下から
過去ログ1ページ目へ飛ばすとしましょうか。
デフォルト表示件数は10件と仮に考えましょう。

実際に想像してみます。
トップページ、、、上から下に最新の記事から古いものへ
閲覧してゆき、下に次のページ(つまり過去ログビューの1ページ目)へゆくリンクがあります。

そのリンクをクリックすると過去ログビューの
1ページ目です。。。
。。。
。。。。。あれ? また同じ記事が10件でるぞ?

そうなんです。
そういうことなんですね。

リンク先にて過去ログを1ページ目から表示させると
もう一度同じ記事がずらっと出てしまう。


これは非常に良くない。

だから2ページ目へリンク、なんです。
これで、ユーザは、違和感無く、
記事を過去へたどってゆくことができるはずです。



もういっちょ、 だ か ら、 なんです。
トップと過去ログビューの表示件数を同じにするのは。


同じにしないと、やはり、いくつかの
記事が重複して表示されるんですね。


説明が長くなりましたが、言いたかったのはこういうことで。

(もっとスマートな説明がしたのですが、、、^^; )

説明は以上です。
走り書きなので、ご指摘歓迎。


サンプルは今現在の私のブログのトップページへ
アクセスしてくださいませ。^^;

この技を使う場合は月一度の手動更新が発生することを
お忘れなきよう、、、

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で、コメント投稿する際の各入力項目について、必須・自由記入などの属性設定する方法。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/13032411.html

さくらのブログ(=OEM Seesaa)で、コメント投稿する際の各入力項目について、必須・自由記入などの属性設定する方法。

公式アナウンスからの引用ですが、
http://blog-tour.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95K%90%7B
こちらではスパム対策設定として説明がなされてますね。
わかりにくなぁ^^;

やりかたとしては

コメント/TB -> スパムフィルタ -> 禁止設定

にて設定ができますね。

seesaaブログ(さくらのブログ): tableタグでスペースが空く      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/13014902.html

seesaaブログ(さくらのブログ): tableタグでスペースが空く
http://www.blogcustomize.com/customize_use_table.html

間に
が入らないように一行で書くか、
「改行を
タグに変換しない」を選択して、改行したい文章に自分で
を挿入

なるほどね。

1行で書くのが無難でしょうな。

さくらのブログ(=seesaaブログ)において、記事の投稿毎に再構築をしない場合に、記事画面のコンテンツ(記事内容)以外の反映状態をいち早く知る方法。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/9350005.html

さくらのブログ(=seesaaブログ)において、記事の投稿毎に再構築をしない場合に、記事画面のコンテンツ(記事内容)以外の反映状態をいち早く知る方法。


とくに大量の記事が投稿されている場合なのですが、
記事の再構築に非常に時間がかかります。

しかしながら記事画面のデザインの変更などをした場合に
確認するわけですが、少しでもラクにするティプスを。



2つほど方法を挙げますね。




ひとつめは標準の機能を使う方法。
---------------------------------
今回は記事画面の話なのでそれを例に説明します。


1.デザイン - コンテンツ - 記事の画面に入ってください
Capu004


2.記事編集画面が表示されました。
右上の赤で囲った、コンテンツHTMLの編集 ボタンをクリックします。
Capu002


3.記事画面の右下のプレビューボタンを押すことで
保存したデザインを随時、プレビューすることが可能です。
Capu003


ちなみにこの機能は記事画面以外のプレビューも可能で
非常に便利な機能ですが、
利用に際しては、私の経験上、ちょっとした注意点も
あったりして完全にこれに頼るのはどうかなぁと私は思ってます。
※ここでは説明を割愛。

そこで以下のふたつめの方法をご紹介したい。



ふたつめは、私のちょっとした方法。
---------------------------------
とにかく保存までして記事の再構築をはじめちゃう。

当然、大量の記事が投稿されている場合は
それらの再構築が終わるまでに多大な時間がかかり
やきもきするわけですが…

ちょっと考えてみたらすぐに分かることですが
何もすべての画面の再構築の終了を待つことはないのです。

本記事の趣旨であるとおり“記事画面のコンテンツ(記事内容)以外の反映状態”を
知りたいだけなのです。

なので、どれかひとつの記事画面が見れればいい。

で、新しい記事の画面を開いてずっと待っていても
なかなかこれが更新されないんですね。

どうやらシステム上、
記事の古いものから更新されていくみたいなんです。

もうお分かりですね。

結論:
記事の再構築直後、最も古い記事ページを開くと、
記事画面のコンテンツ(記事内容)以外の反映状態をいち早く知ることができる。

さくらのブログでプレビューすることはあっても実際はメール投稿しよう。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/7518738.html

さくらのブログでプレビューすることはあっても実際はメール投稿しよう。
そのほうが、トップと個別記事ページの反映が早いので。

さくらのブログで簡易的にスパムコメントを防止する方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/7438437.html

さくらのブログで簡易的にスパムコメントを防止する方法

コメント一覧を見て、禁止IPに追加する。

seesaaブログ(さくらのブログ)で作成した複数のブログの再構築を1台のマシンで同時に行う方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/6100785.html

seesaaブログ(さくらのブログ)で作成した複数のブログの再構築を1台のマシンで同時に行う方法

1.IE、sleipnir、firefox、safari、opera、など異なるブラウザをいくつか用意します。
2.それぞれのブラウザで、seesaaブログ(さくらのブログ)の管理画面にログインし、
  それぞれ別のブログを選択したのち再構築をかけます。

※同一ブラウザ上に複数のウインドウを開け、それぞれでログインしても
 再構築の段階で複数ブログ同時処理はできないので、このような方法をとります。

※ちなみにwindows safariの場合はデザイン→コンテンツの並べ替え後の設定保存が
 うまくいかないようです。現状は。

さくらのブログ(seesaa) -> WordPressにするにあたって利点・欠点の洗い出し。※草稿中      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/5652301.html

さくらのブログ(seesaa) -> WordPressにするにあたって利点・欠点の洗い出し。※草稿中

▼強み
---------------------------------------------

●WPの強み
・見た目がインテリジェンス
・軽そう
・割と普及してきている?
・関連記事の表示をプラグインで実現できる?
・人気記事の表示も?
・投稿カテゴリ指定であれば、メール投稿もできる。
・記事URLのカスタマイズも可能。
・複数カテゴリへの関連付けが可能
・再構築がいらない?
・ログイン状態であればサイトビューからいきなり記事の編集画面へジャンプできる。

●seesaaの強み
・カテゴリごとのメール投稿に対応
・記事の一括削除が可能

▼弱み
---------------------------------------------

●WPの弱みとその対処方法(検証次第では弱みではない場合も。)
・カテゴリ指定のメール投稿ができなさげ。
  →一旦未分類カテゴリに投稿し、暇を見てWP管理画面で手動振り分け。
・記事の一括削除ができない。
  →手動で消すか、プログラムで対応。ただし後者の場合は危険が伴う。
・いろいろ一から覚えないといけない。
  →どうしても慣れが必要。
・レイアウトのカスタマイズが容易であるか?
(seesaaは視覚的に分かりやすい編集画面があったが…)

●seesaa(さくらのブログ)の弱みとその対処方法
・関連記事の表示を組み込んでの表示が出来ない。
  →仕様でむり。
・人気記事の表示も?
  →仕様でむり。ただし外部ブログパーツで広告入りなら可能。
・管理画面が重い
  →これも仕様。こちら側ではどうすることもできない。
・記事URLのカスタマイズ不可
  →仕様。
・複数カテゴリへの関連付けができない
  →仕様。
・所詮レンタル
  →高度なことがしずらい環境。レンタルゆえ仕方ない。
・再構築が遅い


========================================

●今後のWPカスタマイズすること
・投稿時刻の表示をけす
・URL自動リンク
・アナリティクス移転
・各種ブロパ移転
→プチメルフォム
→なかのひと
→カウンタ






・CSS移転
・JSきらきら移転

乗り換えブログの検討      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/5645250.html

乗り換えブログの検討

・ワードプレス
・あれ(草稿中)

さくらのブログ(=seesaaブログ)でsitemap.xmlを吐ける設定にする方法      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/5586128.html

さくらのブログ(=seesaaブログ)でsitemap.xmlを吐ける設定にする方法

設定 -> ブログ設定 -> サイトマップXMLの出力 する
関連する記事(広告含む)
1 3 
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ