トップ   >   カテゴリ表示:YouTube

Youtubeなどの動画から音声のみを抽出する方法

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/23610666.html

Youtubeなどの動画から音声のみを抽出する方法

Craving Explorerというツールを使うと超かんたん!!
http://www.crav-ing.com/

使い方は説明するまでもないかな。

1点だけ注意なのが、旧バージョンを既に持っている場合は
必ず最新バージョンを再インストールすること!
※そのままインストールすれば、古いのに上書きされますヨ

古いバージョンのままだと現状のyoutubeなどのサイトに対応しきれてない
部分がありますので。。。

実際に使ってみて思ったのが、動画を探すときは
このツール上ではなくて、通常のブラウザでやるほうが
軽くていいかなぁと私は思いました。

YouTube AudioSwap デモ

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/17320143.html

YouTube AudioSwap デモ

YouTubeさんは日々地味にバージョンアプしてまして、
今日は多々ある機能の中のAudioSwapをご紹介。

AudioSwapは意味のまま“音声を差し替え”ることができる機能です。
しかも曲もYouTube上で提供されています。

それでは実際やってみましょう。

YouTubeに何か動画をアプしている状態で
動画の編集画面に入ってください。
(上の アカウント より マイ動画 に入り、動画を選択します。)

Capu002

画像の編集画面に入りましたら
AudioSwapというリンクをクリックします。

Capu003

このような画面になります。
左側の入れ替えオーディオの選択というところでは、
ジャンルからアーティストまで
絞り込みながら、最終的に
トラックという欄で好きな曲を選びます。
選んだら、右側の“動画をプレビューする”ボタンを
クリックしてください。

その音声つきで動画が再生されます。
これはプレビューですのでまだ保存されていません。
気に入らなければ何度でも曲を選びなおすことが可能です。

曲が決まりましたら
動画を公開するボタンを押せば公開
※データの反映には若干時間がかかるかも?



実際作ってみたものです
比較的大きなボリュームで鮮明な音声が入りますヨ

実際使ってみて、個人的には
AudioSwap"Harf"なんて機能があればいいなぁと
思いました。

ようは完全に音声を差し替えてしまうのではなく、
オリジナル音声ボリュームを50%ぐらい残して
残り50%を差し替え音声で合成する、みたいな。

すると、使いようによっては
いいかんじのBGMになるのになぁと思ったのですが。

。。。

AudioSwap機能、ぜひ一度試してみてくださいね。
関連する記事(広告含む)
1 3 4 5