[ご案内] Appleの有料課金サービス(AppleMusic)を一覧表示しています。(トップへ戻る)

iTunes Musicを解約して良いこともいくつかあった。そしてたどり着いた境地。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184428558.html

iTunes Musicを解約して良いこともいくつかあった。そしてたどり着いた境地。

良い点。

■■固定費の節約になる
単純に節約になります。月々1000円以上の節約になるので庶民にとっては有難いです。
年間では万単位での節約になりますから小さくはないです。

■■ネットワーク管理特有のイライラがない
iTunes MusicではiCloudミュージックライブラリという
ネットワーク上のライブラリで音楽ファイルを管理することになります。

■回線スピードのイライラがない
回線スピードに関わらず同期スピードが早くないので
大量の音楽ファイルの更新の際は結構待たさてイライラします。
GooglePlayMusicのアップロード時間と比較してもかなり遅いほうです。

■アップロードできないイライラがない
また、iCloudあるあるですが、アップロードできないファイルが出てきてイライラします。
音楽ファイルの容量や時間などの制限でアップロードできないファイルなどが出てくるのですが
有線接続ではこのようなことはおきにくいと思うので比べるとイライラします。

■プレイリストがややこしいイライラがない
さらに、プレイリストが煩雑になります。
AppleMusicを利用することで、iCloudミュージックライブラリで管理している音楽ファイルと、
そうでない音楽ファイルの2種類が生まれます。この2種類のファイルの存在で、プレイリストが煩雑になります。

どこからでも参照できるiCloudミュージックのプレイリストにするには
プレイリストに登録しているすべての音楽ファイルを
iCloudミュージックライブラリで管理している音楽ファイルにする必要があります。
(当たり前といえば当たり前なのですが)

プレイリストに入れる音楽ファイルに、iCloudミュージックライブラリ未登録音楽ファイルのみ、
もしくは、登録ファイルおよび未登録ファイルの両方が混在する場合、
iCloudミュージックライブラリ対象外のプレイリストとなってしまう。

たとえばCDから取り込んだ音楽ファイルは、そのままでは
iCloudミュージックライブラリに登録されいていない音楽ファイルなので
既存のiCloudミュージックのライブラリに追加しようとすると、いちいち警告がでて面倒など、、

何がいいたいかというとAppleMusic契約前は登録ファイルか否かの意識なんて
必要なかったのに、管理上どうしても登録、非登録ファイルの混在によって
管理の意識をせざるを得なく、イライラするということです。

これはある程度慣れても、ずっと分かりづらいなぁと思い続けてました。
このプレイリストの煩雑さも、解約後はありません。

。。。

つらつらと書いてきましたが
と、ここで思ったんですが、
前述した、いくつかの問題はお金があれば解決するものもあります。

固定費の節約は、お金があれば不要です。

また、CDからの音楽ファイルの取り込みによって、
iCloudミュージックライブラリ管理外のファイルが生まれ
手間がかかったりややこしくなるのであれば
すべての音楽をAppleのStoreで買えばよいと思います。

そう考えるとAppleのサービスはやっぱり
金持ち向けのサービスであるなぁと改めて思います。

いや、それで正解なのだと思います。
そして、こうも思いました。

中途半端にサービス使うなら解約してしまったほうが幸せになれる
のかなって。

これがぼくの結論ですかね。


最後は少し寂しい考察となってしまいました(笑)が、
今回はあえてデメリットは触れずにメリットについてのみ書いてみました。

いじょ。

AppleMusic(iCloudミュージックライブラリ)を使い続けて解約日を迎えるとどうなるか      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184428581.html

AppleMusic(iCloudミュージックライブラリ)を使い続けて解約日を迎えるとどうなるか


突然、音楽がブチンと切れて、びっくりします(笑)


iPhoneで音楽を聴いている突然、ぷつんと切れて
ミュージックアプリを見たらライブラリに何もない状態になってびっくり(笑)

不具合かな?と思ったらそういえば解約したんだった、と。
先日、節約のためにiTunes Musicを解約したんでした。わすれてた。大笑

ただ想定していた日より数日早かった気がするので注意が必要かもです。


解約したからといって今後音楽が聴けないなんてことは
もちろんありません(笑)

iCloudミュージックライブラリを使わない音楽管理に設定変更します。
つまりは、従来ながらのPCとの有線接続で音楽も同期して管理するかたちにします。

iPhoneとPCをつないでiTuens上で設定すればOK(説明は難しくないと思うので割愛します)

なので、解約前に音楽ファイルの管理を
PCとの有線接続での同期に変更しておく方がいいかなって思いました。


別に突然聞けなくなってもいいよ、という方はいいですが、
それ以外の方は上記を予めやっておくとよいと思います。

いじょ。

音楽のクラウド管理が目的の私が、現在契約中のApple Musicから、節約のためにGooglePlayMusicに乗り換えようとした結果、分かった両者の利点と欠点、そして私の下した決断 2018年8月現在      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184167275.html

音楽のクラウド管理が目的の私が、現在契約中のApple Musicから、節約のためにGooglePlayMusicに乗り換えようとした結果、分かった両者の利点と欠点、そして私の下した決断 2018年8月現在


はじめに、いくつかお伝えしておくことが。

私は… iPhoneユーザーです。
そして、私は現在AppleMusicを契約中です。

音楽のクラウド管理の機能だけでいえば
iTunes MatchというAppleのサービスがあります。

また、AppleMusicで提供されるサービスには、
音楽のクラウド管理の機能が含まれているため、
AppleMusicにはiTunes Matchが内包されているといっても過言ではありません。
(厳密には、少し違うが。)

なので、この記事の内容は
iTunes MatchからGooglePlayMusicへ乗り換えようとした結果…、
と読み替えてもさしさえはないです。

音楽のクラウド管理を目的とした乗り換え比較の記事としては、
むしろそっちのほうが正しいかもですが、
私が現在加入しているのはAppleMusicなので
AppleMusicのままでとりあえずおいておいて話を進めます。


それでは本題ですが、、、

めんどくさいので、調べたことを
いきなり、まとめちゃいます(笑)


■■まとめ


■AppleMusicのメリット
公式ならではの安心感がよい
音質が良くて安心する

■AppleMusicのデメリット
しいていうなら料金。
1ファイル200MBまでのファイルしかアップロードできない
1ファイル2時間以上のファイルはアップロードできない


■GooglePlayMusicのメリット
音楽クラウド管理(アップロード、ダウンロード、オフライン再生)が無料でできちゃう。
1ファイルで300MBまでのファイルをアップロードできる。
3時間以上の長さのファイルでもアップロードできた。

■GooglePlayMusicのデメリット
イヤホンで聞くとAppleMusicと比べて音質が気になる。
アプリがAppleMusicと比べてダサい


で、私の決断。


両方使ったらいいと思いました。
時と場合で使い分ける感じです。



節約のために…という論調で書いているので
AppleMusicのデメリットに料金のことを書きました。

料金が気になるなら
多少手間でも、AppleMusicは解約してUSBケーブルで同期するようにするか、
多少音質は気になってもGooglePlayMusicできくか
なにか妥協するしかないと思います。

もしくは、私のようにAppleMusicに契約しているけど、
今はクラウドで音楽を管理する機能くらいしか使ってない、
のであれば、iTunes Matchにする手があります。

AppleMusicは月980円。年間11760円(1年一括で払うと割引あり)ですが
iTunes Matchなら、年間3980円。月に換算すると331円です。


GooglePlayMusicの無料の音楽クラウド管理(アップロード、ダウンロード、オフライン再生)を
使ってみたときは最高やんって思ったんですが、
私のメインのイヤホンであるイヤーポッズで聴くと
なぜだかわからんが、GooglePlayのほうが音質が悪くてガックリしました。
おなじ曲を改めてiTuensで再生すると、何かが違う…。

世の中そんなに甘くないんだなって思っちゃいました苦笑

AppleMusicとGooglePlayMusicには
同じ曲ファイルをアップロードしてるんですが
GooglePlayMusicは何か内部的に変換でもされているのでしょうかね…?
(ちなみにマッチはしてない。)

とはいえイヤホンで聞かない限りは
そこまで気になることはないので
聴くスタイルにも関係してくるかも。


まま、参考にしてくださいな。

ああ、最初にまとめたのに結局長くなった件。



●参考サイト

【比較】今すぐiTunes Matchを捨ててGoogle Play Musicに乗り換えるのが賢い選択! - すまおじ.com
http://sumaoji.com/google-play-music-hikaku-226
私の結論的には、捨てるまでにはいきませんでした…。

Apple Music と iTunes Match をそれぞれ契約して違いを確認してみた その2 | A-tak-dot-com
https://a-tak.com/blog/2015/07/04/apple-music-match-problem/
Apple Music と iTunes Matchの違いに関する記事、わかりやすいです。





関連する記事(広告含む)
 
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ