[ご案内] life lifework particular 人生 生きがい こだわりを一覧表示しています。(トップへ戻る)

アラフォーで運動習慣の無い私が、体力維持のために継続的に続けられているトレーニングについて      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184097943.html

アラフォーで運動習慣の無い私が、体力維持のために継続的に続けられているトレーニングについて

アラフォーのkimidoraことkimihikoです(笑)。

もう年齢が年齢なもんで、仕事がデスクワークであり、
趣味もブログやゲーム。

基本体を動かさないので、当然ながらこのままだとヤヴァイわけです。

で、体を動かす努力をするわけなんですが、
普段しないことを無理やりするわけだから
なかなか続かないわけですね。

これまで、色々試して来ましたよ。

ジムに通ってみたり、、
外で走ったり、、
室内で筋トレしてみたり、、

でも、どれも続かない。

まず、外に出てやるのは、まず面倒で仕方がなかった。
続かないと思った。

なので、継続的にジム通いや、外で走るのは、除外した。

室内で、何をするか?

ネットで調べて、あれこれ試してみるんですが、やっぱり続かないんです。

やっぱり疲れるし嫌なことだからかも(苦笑)

それでも、頑張ってやったあとの気持ちは清々しく気持ちの良いものです。
少しでも継続できると、多少なりとも体力アップして、体が楽になっていきますしね。

そういうメリットもあるので、やっぱりできるなら続けたいと思うわけです。



そこで、です。

たまたま見かけた
30秒ずつ種目をこなしていく、7分間トレーニング


こちらの動画。
https://www.facebook.com/techinsider/videos/502209616644066/


これをトライしてみたところ、これが続いてるんです。


なんでかなーと思ったんですが、やっぱり時間なんだと思う。
普通は何回、とか回数でトレーニングを決めると思うんですが、時間、
しかも30秒
30秒だったら出来そう、、頑張れる、と思えるわけです。

回数だと、こんなにできひん、ってなって挫折して
やらなくなるんですよね。運動が別段好きでもなく習慣にもなっていない私の場合。

しかも全て通してやっても7分
この短さだと、忙しい毎日の合間に組み込みやすいんです。

さらに、イロイロな種目のトレーニングをやるので
偏りなく体を鍛えられるのも良いと思う。


この動画のモデルの方は、めちゃくちゃスピード早くて、
私はこんなにスピード早くはできないんですけど(笑)、
それでいいと思ってます。

まず続けられること。

これが私の目標でありそれだけでも
こんだけの種目をこなして、体を満遍なく鍛えられて、続けられる。
しかも短時間。こんな幸せなことありますか!笑

これはあくまで私のひとつの到達点ですが、
一番重要なのは、自分ができる限りストレスなく納得感を持って続けられるものか、
ということ。

というわけで、
みなさん、一緒に頑張りましょう(笑)




色々試してたどり着いた、僕のカスタム手帳について 2018年8月現在      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/184099278.html

色々試してたどり着いた、僕のカスタム手帳について 2018年8月現在


kimidoraです。


前回、手帳関連の記事として、
紙の手帳を使い続ける理由を書来ました。



前回書いた内容↓

私が紙の手帳を使い続ける理由と、今このタイミングで新しい手帳にする理由 | kimihiko Tech
http://tech.kimihiko.jp/article/184039430.html



使っている手帳は
無印良品の、上質紙マンスリー・ウィークリーノートという
シロモノです。

その名の通り、マンスリーとウィークリーの予定が
書き込めるようになっている手帳でして、
とても便利に使っています。

文庫本サイズという、手帳のなかも、
小さめなサイズ感となっているため、比較的どこへでも持っていきやすい点も気に入っています。


ただ、書き込めるスケジュールの最小単位がウィークリーなので
当然ながら、1日単位で書きこめるメモの量というのは、
かなり少なく、予定やメモなど書きたいことすべてを
このスペースに書くことは不可能で、不満に思っていました。
多少の余白スペースや、白紙ページは設けられていますが、
それでも不十分に感じていました。

ただ、手帳の質感やサイズ感は非常に気に入っていたので、これはこれで使い続けたい。

なので、必然的に、別にメモ用のノートを用意して、
その日ごとの詳細な予定や、仕事系のメモをとっていました。

が、これがなかなか煩雑というか。



手帳とメモ用のノートは常にセットで持ち歩きたいものなので
単純に荷物が増え、機動力が衰え、ストレスも高まりました。

たまにノートを持参するのを忘れたり、もありました。
手帳は忘れないのですがノートは忘れてしまう。
それもストレスになりました。

またノートというのはそこそこボリュームがあって
使い切るまで結構な時間がかかりますが
使い切るまえに、ノートの持参が億劫になってそのまま使わなくなったり、
基本は大量の白紙のページや、過去に書いたメモの内容なんて見返すことはほとんどないのに、
メモ用ノートまるごと一冊を常に、持ち運ばばねばならないこと。
それも不満でした。


常に一緒に持っておきたい手帳とメモ用のノートが、
分離している状態、これがよくないのだと。



そこで! この手帳にちょっとひと手間を加えることで、
手帳と日々のメモも充分に書き込めるようにした
僕のカスタム手帳について、書きたいと思います。



まず、みてもらいましょか。

Untitled

私の手帳はこんな感じになっております。
















よくわかりませんね。



少し説明しますね。

この無印の手帳の、手帳カバーの前と後ろに、小さなノートを挟み込んでいます。
この挟み込んでるノートは“MDノート ライト 文庫本サイズ 無罫”(以下MDノート)
というノートです。

詳細が確認できる詳細リンクは本分の最後に用意しておきますね。


このノート、ページ数が非常ない文庫本サイズの小さなノートです。
MDノートは書きやすさに定評があり、耐久性も普通の紙より高くなっています。


Untitled

このノートを、こんなかんじで、無印手帳の手帳カバーのかかった裏表紙の内側に、
MDノート ライト 文庫本サイズを2冊ずつ、挟み込んでます。


※冒頭の手帳と、カバーの色が変わっていますが気にせんといてください。
 単に、色違いの手帳を例として使っているだけです。



手帳の裏表紙にMDノートを挟み込むために、MDノートにも少し細工をしてあります。

ご覧の通りですが、挟み込む側のMDノートの表紙を少し、手前に切り込んであります。
これは、手帳に挟み込む際に余裕がでるようにするために、こうしてあります。



前(手帳の表表紙の内側)に2冊、後ろ(裏表紙の内側)に2冊、MDノートが挟んであります。



こんなかんじ。


前と後ろで、それぞれ役割を待たせてあって、
前が、仕事タイムラインメモ用のノート。
後ろが、プライベートタイムラインメモ用のノート。
として書くようにしています。

前は、主に仕事の会議関連のメモを、会議のあった日に
1ページ使って、日付とともに書き込んでいます。

後ろは、同様にプライベートなことメモを書き込んでいます。
平日は1日1ページ、その日の予定や思いつきメモを書き留めます。
土日は土曜と日曜の2日をまとめ、複数ページ。だいたいバッファも深めて4ページほどとります。


前も後ろも、書く内容は本当にフリーダムで、思いついたこと、
やりたいタスクをまず描いて、矢印表記でブレイクダウンしていく。
そんなグループをいくつも作っていくイメージ。

また、すべてのMDノートの表紙のどこかには手帳の名前を書いておきます。
仕事タイムライン1、仕事タイムライン2
プライベートタイムライン1、プライベートタイムライン2
のように。


前後、2冊ずつ用意してあるは、基本は予備です。

たとえば、後ろのプライベートタイムラインメモ用ノートの場合。

現在、1冊目に書き込んでいるなら、2冊目に新しいMDノートを挟み込んでおく。

2冊目に書き込んでいるなら、適当なタイミングで1冊目は手帳から外してしまって、
新しいMDノートを追加して、2冊目だったものは1冊目になるイメージ。
新たなMDノートには名前を付けるので、この例なら、プライベートタイムライン3、ですね。


手帳から外したMDノートは、ある程度どこかに保管しておいてもいいと思います。
すべてのMDノートには名前をつけているはずなので
あとで過去の情報にアクセスしたくなったときは、
手帳から外したMDノートの表紙に書いた、名前を見れば、
いつぐらいに書いた内容なのかもわかるので。、

もちろん、手帳から外したMDノートについては
不要だという判断なら、捨ててしまってもよいと思うし。


Untitled

あと、この上にはみ出ているハサミっぽいのは
手帳が無用にめくれることを防ぐ目的と、インデクスの両方の目的のために使っています。

本日を含めるウィークやマンスリーのページや、
仕事タイムラインの最新のページ、
プライベートタイムラインの本日のページ、
なんかに挟み込みます。


Untitled

手帳用のボールペンは、赤と青を一本ずつ、手帳に搭載するようにしてます。
お気に入りは、ジェットストリームの(0.7mm)です。

赤と青の使い分けについては、特に明確きめてませんが、
しいて言うなら気分で使いわけてます。笑

アツい思いの場合は、赤、とか(笑
僕にとって気分って結構大事なので(笑笑



終わりに、紹介してきた商品の詳細について
まとめて載せておきますので参考にしてください。





私が大人になってクローバーを嫌いになった理由      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/179284407.html

私が大人になってクローバーを嫌いになった理由

私も子供のころはありました。

四つ葉のクローバーを探して一喜一憂したりしていた時代もあります。

道端のクローバーは、見た目的にも可愛らしいく、
好きな方も多いと思います。


可愛らしいですよね、確かに。





表面上は。








大人になった今、私は芝生の庭を持っています。
手入れされた芝生は綺麗なものですが、
手入れをしないと次第に雑草が増えてきます。

そこでこまめに雑草を引き抜く草むしりが必要となります。

草むしりの基本は根っこから引き抜くことだと思ってます。
根っこが残ってると再生するからです。

だいたいの雑草は上記のように抜けば一旦それで終わるのですが、
クローバーの場合は一筋縄ではいきません。

クローバー1つをピッと抜いても茎から切れてしまいます。
もう少し頑張ると集団で抜けますがそれでも茎だけということが多い。

Untitled
根っこから取れることもありますが、
クローバーの場合、付近の根っこだけ抜いただけでは充分ではありません。

クローバーを根っこから引き抜くには、
繊細に力を入れて引っ張り、根っこがどこから出ているか、まず把握します。
軽く引っ張っても分かりにくいことも多く、
土の表面を軽く掻き分けたり掘ったりして見つけます。

注意深く土の中を見ると、横にも茎が伸びていませんか。
クローバーは地下茎を持つ雑草で
表面に群生するクローバーは地下茎で繋がっています。
なので抜く時は、この地下茎ごと抜くのが根本的なクローバー抜きの要領となります。


Untitled
こんなかんじですね。

ちなみに芝生も地下茎で繋がる植物のため
芝生の地下茎とクローバーの地下茎が土の中で
交差していたりすると更に引き抜くのが面倒になってきます。

クローバー抜きは大変骨が折れます。
広範囲に群生してしまうと手に負えなくなるので
少ないうちにこまめに地下茎を意識して抜いていくのがポイントです。


既にクローバーだらけの場合は薬品を使いましょう。
(薬品についての説明は今はしません。)

私も一度だけ薬品を使ったことはあるんですが
芝生は大丈夫で、クローバーのみ枯らす、というような薬品でも
少なからず芝生にもダメージを与えます。
時間が経てば回復するんですが、使ってみて
また使いたい、とは、どうも私は思えませんでした。
でも、どうしようもないときには、使うほうがよいでしょうね。


そんなかんじで、クローバーのように
気軽に草むしり出来ないポピュラーな雑草が
大人になって嫌いになりました、というお話でした。


いじょ。


Untitled

あと、こいつも嫌いですね。

なんでいう雑草がわかりませんが
茎や葉は太めで掴みやすいんですが、
根元がぶっとく、強力に根を張っているのか
なかなか根っこから抜かしてくれない嫌な奴です。

抜くと、太い根が、見た目も気持ち悪いですしね。

三が日を終えて、少しだけ我に返る。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/84299881.html

三が日を終えて、我に返る。

予想どうりというべきか、長かった冬休みももうわずか。
あっというまに三が日も終わりました。もう、2014年なんですね。

部分部分で正月っぽいことをしているものの、休みが長い以外は、あまりいつもと変わらない生活。
数の子は食べましたが、お雑煮はまだ食べていません。(材料だけはある。私はいつ食べるのか。)
初詣恒例のおみくじは吉でした。これは、ありがたいですね。

2013年はどんな年だったんだろう。
だいたい過去をすぐ忘れるのでメモをみて過去を思い出します。

2月に横浜へ引越しして以来、横浜の住みやすさに溺れた1年だったと思います。
あと、クアラルンプールに行きましたね!素敵なアジアの街でした。
長岡花火にいきました。死ぬまでに一度行きたかった花火大会だったので。
実家の伏見付近が浸水しました。35年間ではじめて級の水害だったんだろうなぁ…。

何か生産的なことをしなきゃ!とばかり思っていた時期もありますが、
生き急ぐことに意義も感じず、最近は今の自分の気分に身をゆだねるようになってきました。

最近は基本的には何もやる気がしないため、何もしない時間が長いと思う。
テレビにもパソコンにも向かわず、愛犬と一緒に寝ているだけでとか…。(やばいですね)

パズドラとか写真とかはスキなので例外的に精力的なんですけどね…。
パズドラは中毒の域だと思いますが。(やばいです)

2013年は毎日へこんでばかりの日々だったのようにも思いますが、
そこから得るものもあったはず。

ただ、何事も度が過ぎるのは良くない。

パズドラにハマり過ぎも良くないし、へこみ過ぎも良くない。
楽しいものが楽しくなくなってしまうかもしれないし、
得るものものすら得られなくなってしまうかもしれない。

バランスは必要だと思います。

適度なバランスを意識し、
へこたれながら、2014年も生き抜きたいと思っています。

自戒をこめ、年頭の言葉とさせていただきます。

あと、本当にどうでもいいと思いますが、
パズドラ歴1年を越えました。去年の正月からはじめたので…。
パズドラもここまで凄くなるとは…。
そして来年の今頃、パズドラどうなっているのでしょうか。

2014年1月4日 kimidora

ブログを続けてきて気付いたアクセスを一定数稼げているいくつかの理由。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/80712789.html

ブログを続けてきて気付いたアクセスを一定数稼げているいくつかの理由。

ブログ。もう何年でしょう。
コピーライトのところに書いているところから判断すると
最低でも7年くらいはやっています。

他のサイトでもきっと書かれているし、
ひょっとすると当たり前のことかもしれませんが、
自分なりの気づきとして書き残しておきます。

・記事のアーカイブが増えると必然的にアクセスが稼げてくる。
 ⇒ブログへのアクセスは検索エンジン経由であることが多いです。
  記事数が増えてくると検索にひっかかることが必然的に多くなる気がします。

・書き続けること。ずっと。
 ⇒くだらないと思える記事でも、書くことが好きならば書き続けてみてください。
  見てる人は見てるはずです。自分の知るよしもないあの人がきっと…。
  くだらない内容でも書くことが全く無いわ!という人は
  そもそもブログを続ける適性がないと思います。

ネットで調べてみても解決しなかった調べものを自分で調べて解決した場合、
 その内容を記事にするとアクセスが伸びてくる。

 ⇒すぐにアクセスが伸びなくても、徐々にアクセスが増えてきたりします。
  自分が悩んだことというのは、同じく悩んでいる人がいる、ということですね。

個人的に最後に書いたことを一番書きたくてこの記事を書き殴りました。

あれこれ書きましたけど、
結果的にブログに記事を書くことが本当に好きならば、
自然に一定数のアクセスは稼げてくると思います。

まとまりませんが、以上です。

私が自営しない3つの理由。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/60523327.html

私が自営しない3つの理由。

一、住宅ローンを組みづらい。
二、同業者(web)と仲良くできる気がしない。
三、怠ける。

以上です。

テスト環境:自分

フリーランス(ノマド)のような自由なワークスタイルに、私は向かないような気がする理由。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/55544447.html

フリーランス(ノマド)のような、自由なワークスタイルに、私は向かないような気がする理由。

フリーランスとかノマドとかいう、自由なワークスタイル、考え方が
最近世間ではアツイですよね。

活躍されている方々の姿をみていると、
社畜サラリーマンの私からすると、そんな自由な生き方に、憧れます、やっぱり。

それでも冷静に考えると今の私はフリーランスに向かない気がします。


・野望が無い。
・常にやりたいことがいっぱい、というわけでもない。


フリーランスとして独立、事業されている方の特徴のひとつに、
やりたいことが一杯で、ほとんど寝ずに、平日土日問わず、忙しく動き回っていて、
もはや仕事が人生、趣味、生活の一部である、というような方が多いように思います。
(私の勝手な印象なので、ご了承ください。)

私にはあれこれやりたいっていう野望はないですし、
できれば寝たいし、土日くらいは何も考えず、ゆっくりしたい。


・得意分野をとことんを突き詰める、という性格でもない。

もうひとつのパターンとして、自分の得意分野を
とことん追求されてフリーランスで成功している方がいらっしゃいます。

私も一応専門職ですが、とことん追求しているのか、と自分に問うと、疑問です。
とりあえず目的が達成でできれば万事OKというような性格であるので、
こういった方面からも向いてないと思います。


・なまける。

私は自由だと、きっと何もしないと思う。
それくらい、性根はナマケモノです。
無理矢理、拘束されるくらいがちょうどいいのかもしれません。


・経済的不安定。
・住まい選択における不自由。

もう一点、フリーになって1年のイケダハヤトさんもおっしゃってますが、
多かれ少なかれ、サラリー(月給制)の精神的・経済的有難さは
やはり、あなどれないな、と思うのです。

とくに、家を借りる・買うなど住宅系審査等においては、
フリーランスだと、そのあたりの壁が如実に厚くなる気がします。

ぼろぼろの安アパートでも全く問題なし!という方や、
親がお金持ち、貯金がある、もともと家はある、ツテがあるから大丈夫、
という方はいいのかもしれませんが、
私は、親がお金持ちでもないし、貯金もないし、
家も無いし、ツテもない。けれども、それなりのところには住みたいので、
そういった点からも、向いていない気がします。

フリーランスの方々からすれば、
高い家賃や、長期の住宅ローンを組むこと自体が
リスキーなこととして、自ら嫌煙されることなのでしょうが。。。


他にも私は、
一匹狼だとか、金銭勘定が苦手だとか、人付き合いがよろしくないとか、
考えれば思い当たる節はいっぱいで、
漠然と自由な生き方に憧れるのはよいが、
自分は決して実行してはいけないな
、と自分に言い聞かせる次第なのです。

というわけで、今の私の生き方、考え方では、
生涯、成功とかも無縁な、つつましいサラリーマンが、
身の丈にあってるんじゃないのかな、と思うわけでして。

これからもつつましく、生きていきます。
職にあぶれたら、そのとき考えるしかない。


最後に、本日公開されたノマドに関する良記事を紹介しておきます。

「どうして日本のヒトは電車の中ではたらくのか?」:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20120426/231430/?rt=nocnt
(前略)

結局のところ、人が自由であるのかどうかは、
雇用形態や出勤の頻度の問題ではなくて、権力の問題なのである。

(中略)

サラリーマンの立場でも、自由な働き方をしている人はたくさんいる。
スタバでMacBookAirをバタバタさせているから自由で、
オフィスでネクタイをしているから不自由だということではない。
本人が、裁量権を持っているのかどうかということだ。

実力のある社員は、裁量権を与えられる。
圧倒的な業績を積み上げているビジネスマンは、
やがて自分の仕事を選べるようになる。
経費の使い方や、人事についても、自分の意見を反映できる。
さらに極端な例では、出退勤の時間や、休日を事後申告で決定している例さえある。

(中略)

ダメな社員は、何も選べない。デスクトップの壁紙さえ自由にならない。

(中略)

フリーランスの場合も同じだ。力のあるフリーランスは、自由にふるまうことが許される。
意に染まない仕事は断るし、安易にアタマを下げることもしない。
それでもオファーが途絶えることはない。提供している仕事の質が高いうちは。

そうでないフリーランスには自由が無い。仕事を断れないのはもちろん、仕事以外の呼び出しも断れない。
たった一本の紐でつながっている単一クライアントのフリー就業者の場合、
一般の下っ端サラリーマンよりさらに数層倍なさけない立場に立っている。

遊牧民というよりは、その彼らに付き従う羊に似ている。
牧羊犬に追い立てられ、毛を刈られ、乳を搾られ、最終的には皮を剥がれ、ブロック肉として処理される。
いい言葉がいっぱい散りばめられていると思います!


“フリーランスに必要なのは、自分に才能があることを信じる自負心”


_________あなたはフリーランス(ノマド)に向いてますか?

以上です。

テスト環境:自分

お金なんてのは、根本的には、今日使う分があれば良い。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/50997310.html

何のために働くのか?
http://www.kaynotes.com/archives/5412352.html
お金なんてのは、根本的には、今日使う分があれば良い。
これは今の私にとっての救いになる宣言である。
そう思えればずっとラクになる。
心配や不安がより良く生きる知恵になったり、進歩の原動力になっていると思い込んでいる人も多い。
しかし、そんな馬鹿なことは無い。
例えば、生活できなくなる不安から働いていると、いくら働いてもずっと不安に付きまとわれるし、そんな仕事は楽しくはならない。楽しいから働くのである。もっと正しく言えば、自分を通して宇宙的な英知を表現するために働くのである。
そういったように意識変革が行われなければ、人生は決して楽しくはならないだろう。
まさに自分がそのタイプだと思っていた。
ただし未来が常に不安で仕方ないというよりは、少々のストレスがあったほうが仕事に身が入るというか、
そういう類だと自分では思っていたり。
ただ、楽しいから働く、というのは是非、いつも心に留めて、キモチから実践していきたいです。はい。

「夫の病気にも圧勝する」 DeNA南場社長、退任への思い      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/45661882.html

「夫の病気にも圧勝する」 DeNA南場社長、退任への思い
http://s.nikkei.com/jcv0C4
例えば目の前に濁流があって、川の向こうに肥沃な土地がありますと。そこへ行くべきとか、渡り方はこうするべきとか助言するのが参謀やコンサルタント。一番最初に濁流に足を突っ込むのがトップ。そうするとね、水だと思ったら熱湯だったとか、下に剣山があったりとか、何でこんなことが起きるんだということが起きるんだよね」
「その時に、どういう背中を見せるかということなんだけど、ホントは社長であっても迷いやおびえでいっぱいなんだよね。だって同じ人間じゃないですか。社長も普通の人。でも、それを出さないで、びくともしないふりをしながら渡りきる。あたかも何事もないかのように、大丈夫だよっていう背中をいかに作れるか。ってことなんだと、私は思いますね
もう格好良すぎます!!!

1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/45345302.html

1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する
http://gigazine.net/news/20110511_sitting_is_killing_you/
だから適宜散歩することが大切です(´・ω・`)

おもしろい記事だ

これからもますます散歩するようにしよう

地震があろうがなかろうが、生き残った人間ができることは頑張って生きていくこと以外にないのだな。      

共有ボタン付きページはこちら: http://tech.kimihiko.jp/article/43994822.html

地震があろうがなかろうが、生き残った人間ができることは頑張って生きていくこと以外にないのだな。
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2011/03/post-7e59.html
ぜひ多く人に読んでいただきたい文章だと私も思いました。
珍しく素直な隊長さんの文章に、私の目頭も少し熱くなりました。

どちらかといえば普段は前向きな私ですら、鬱々とした気分になるのだから、落ち込んでいる人も多いんじゃないだろうか。
これ、同感です。
私も、どちらかといえば(私の場合、無意味に)ポジティブシンキングなのですが、
今回の地震では、どうしても鬱々とした気分になりますね。

街は暗く、人気(ひとけ)は少ない。メディアからは嫌なニュースしか流れてこない。
もう毎日、全方向から“落ち込め!”と洗脳されているようなかんじです。
なので、意識的にテレビとか見ないこともありますね。
気分が暗くなるだけなので。

あと、やっぱりお金持ちの方々は、とっとと日本を離れるんだなぁと
悲しくなってしまった。
でも自分が金持ちだったら疎開するんでしょうね、きっと。

その場合、私だったら、危険だから疎開する、というより
この暗い気分が嫌だから疎開する、ってかんじになるんだろな。
関連する記事(広告含む)
2 3 4 5 6 7 8 
 
2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
各記事へのコメント
月別記事
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ